「リレー・フォー・ライフ・ジャパン2019さいたま」がんと向き合うひとつのきっかけに

 

さいたま市、がんは死因の第1位

がんと向き合うひとつのきっかけに

リレー・フォー・ライフ・ジャパン2019さいたま

 

2019年9月14日、15日、農業者トレーニングセンター「緑の広場」にて「リレー・フォー・ライフ・ジャパン(RFLJ)2019さいたま」が開催されました。

「リレー・フォー・ライフ」とは、がん患者やその家族を支援し、がん征圧を目指す1年を通して取り組むチャリティイベントです。

1985年、アメリカ人医師が「がん患者は24時間、がんと向き合っている」という想いを胸に24時間トラックを歩いて、寄付を集め、がん患者支援に役立てたことが礎になっています。

 

リレーフォーライフジャパン 2019 さいたま サバイバーズウォーク

「リレーウォーク・サバイバーズウォーク」参加者はチームを組み、サバイバー(がん患者・経験者)たちと共にグランドを24時間交代で歩き続ける

 

これまでに世界約30ヶ国、約4500ヶ所で開催。2019年、日本では50ヶ所にて開催予定で、埼玉県では9月に川越とさいたまで実施されました。

さいたまのイベントでは、多彩なアーティストによるパフォーマンスや啓発セミナーをはじめ、14日の夜には、象徴的なセレモニーのひとつ、キャンドルに明かりを灯す「ルミナリエ」が行われました。

 

リレーフォーライフジャパン 2019 さいたま ルミナリエ

「ルミナリエ」がんで亡くなった人を偲び、がんと闘っている方たちへ思いを伝える

 

日本の3人に1人が、がんで亡くなるといわれる時代、さいたま市では、死因の第1位はがんです。

大会実行委員会の大竹秀幸さんは「昨年、RFLJさいたまは10周年を迎え、今年は新たな10年に繋げる船出の年。

お子さんや若年層も来てくれて嬉しいです。実行委員会の中には、がん患者やがん体験者もいます。

啓発セミナーでは、最新の情報を聞くことができます。がんと向き合うきっかけになれば」と力強く語りました。

 

イベントレポートはこちらへ ↓

「リレー・フォー・ライフ・ジャパン2019」さいたま市、がんは死因の第1位

 

リレー・フォー・ライフ・ジャパンさいたま

http://relayforlife.jp/saitama/

 

☆タウン誌『アコレおおみや』配布場所MAP☆

http://map.acore-omiya.com/

☆公式スタッフBlog『アコレおおみや写真nikki(日記)』

http://staff.acore-omiya.com/

☆スタッフ私的Blog『アートと、着物と、さいたまと』

https://www.namineko.com/

 

関連記事

Twitterタイムライン

スタッフブログ おおみや写真nikki(日記)

アコレおおみや配布場所MAP

アコレおおみや タウン誌 大宮 さいたま

 

スタッフ私的ブログ「アートと、着物と、さいたまと」namineco nami

return top
error: Content is protected !!