美術特集展示「古美術名品選」県立歴史と民俗の博物館

美術特集展示「古美術名品選」

県立歴史と民俗の博物館

2022年9月6日(火)~12月4日(日)

国宝や指定文化財など館蔵資料の中から、埼玉の名宝を、選りすぐりの美術作品を公開します。本展は期間限定の常設展で、会期中に展示替えを行い、3期に分けて展示する予定です。

(作品上 太平記絵巻 巻第六(当館蔵)県指定文化財【10月4日~10月30日】)

椿文鎌倉彫笈(個人蔵)県指定文化財【9月6日~10月2日展示】

第1期では「椿文鎌倉彫笈(つばきもんかまくらぼりおい)」(個人蔵)や川越市仙波東照宮所蔵の「三十六歌仙額」を公開予定。

第2期は県立歴史と民俗の博物館所蔵の「太平記絵巻」や「一の谷・宇治川合戦図屏風」、第3期は都幾山 慈光寺所蔵の「法華経一品経」(慈光寺経)や円空作「秋葉大権現三尊像」(個人蔵)が展示の見どころです。

岩佐勝以筆 三十六歌仙額のうち小野小町(仙波東照宮蔵)重要文化財【9月6日~10月2日】

 

美術特集展示「古美術名品選」 県立歴史と民俗の博物館

会期 2022年9月6日(火)~12月4日(日)

第1期:9月6日(火)~10月2日(日)

第2期:10月4日(火)~10月30日(日)

第3期:11月1日(火)~12月4日(日)

会期中展示替えがあります。※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、予定を変更する場合があります。

  • 開館時間:9時00分~16時30分(観覧受付は16時00分まで)
  • 休館日:毎週月曜日(ただし、11月14日は開館)、9月13日(火)
  • 会場:県立歴史と民俗の博物館 常設展示室第4室
  • 観覧料:一般 300円 など ※企画展「銘仙」(会期:10月15日~12月4日)もあわせて観覧する場合は、一般400円
  • ホームぺージ:https://saitama-rekimin.spec.ed.jp/

 

法華経一品経 授学無学人記品 第九(慈光寺蔵)国宝【11月1日~12月4日】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です