太陽と笑顔が似合う さいたま市出身の画家・岡野友敬さん 

 

Tシャツ姿の岡野友敬さんは、太陽と笑顔が似合う男性だったーーーー

バスケットボールが好きで、スポーツに関わる仕事に就きたいと思い渡米。入学したサンタモニカカレッジで、岡野さんのいたずら描きを見た友達にすすめられて、彫刻や版画、スケッチなど美術の授業を取り始めた。すると楽しくなり美術を専攻した。―――

続きはあとで☆

 

さいたま市出身

画家・岡野友敬さん

取材しました!

会期中、さいたま新都心にある「あるぴいの銀花ギャラリー」にて。わくわくドキドキするような楽しい作品です。

 

こんな可愛いらしい作品を描く作家だと思えない(笑)☆そのギャップも素敵ですね!

お子さんの小学校ではPTA会長を務め、庭で羽の烏骨鶏を飼っているそうです。

烏骨鶏を飼う楽しさもお話してくれました☆

趣味は畑仕事、子どもと遊ぶこと。

 

本インタビューは

Acoreおおみや「さいたまのアーティスト」ページに掲載します。

次号は7月14日発行です。

お手に取ってご覧ください!

 

画家・岡野友敬(おかのともたか)プロフィール

1979年大宮区生まれ。見沼区在住。少年時代はスポーツ漬けの毎日を送る。2003年に渡米し、サンタモニカカレッジで美術を専攻。卒業後、3カ月イタリアに滞在し、A・ビーチ氏の工房でエッチングを学ぶ。帰国後、運送業などの仕事を経て画家に。池袋東武百貨店やあるぴいの銀花ギャラリーなどで個展を開催。http://pomotaka.com/

 

☆公式スタッフBlog『おおみや写真nikki(日記)』

http://staff.acore-omiya.com/

☆タウン誌『アコレおおみや』配布場所MAP

http://map.acore-omiya.com/

 

 

関連記事

Twitterタイムライン

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
return top