市民1,300人の想いがこもった 大宮区役所新庁舎『地固め祭』 浅田政志さんが撮影

DSC_01321

 

DSC_00321

DSC_00621

清水勇人さいたま市長 挨拶 司会はあらい太朗さん、平澤めぐみさん

 

 

市民1,300人の想いがこもった

大宮区役所新庁舎『地固め祭』市民参加プロジェクト

 

6月11日(日)、大宮区役所新庁舎建設予定地において、全国的に見てもあまり例がない、市民参加による『地固め祭』が開催された。2019年5月に誕生する新・大宮区役所には、図書館やカフェなども併設される。その建設工事が始まる前のフラットな土地で、みんなでまちづくりを考えていく起点にしたいと、区民有志による実行委員会(実行委員長・漆原隆浩氏)が企画。市民1300人が参加した。

清水勇人さいたま市長らの挨拶のあと、参加者全員による「人文字『大宮』『2017』づくり」「深谷組相撲部の力士との四股踏み」「みんなで一斉にジャンプ」などが行われ、最後に地域とみんなの発展を願って風船を飛ばした。

この風景を撮影したのは、木村伊兵衛写真賞を受賞した写真家の浅田政志氏。「1300人を撮影したのは初めて。貴重な体験でした。写真を通してみんなの想いを形にすることができたと思います」と語る。元気と笑顔があふれる写真集は、後日、大宮区内の小中学校、毎日興業などに配布される。

 

DSC_00281

「大宮が大好き」と叫ぶ 実行委員長・漆原隆浩氏

DSC_00721

DSC_00691

近くのビルから人文字を撮影

DSC_01191

「みんなで一斉にジャンプ」

DSC_01331

DSC_01341

地域とみんなの発展を願って風船を飛ばした

DSC_0126

ドローンも撮影

DSC_01481

参加した子どもにはお菓子をプレゼント 提供はさいたま新都心にある「コクーンシティ」

DSC_01551

終了後、希望者のみ浅田氏による写真撮影会

DSC_02111

写真家の浅田政志氏

DSC_02091

DSC_01621

撮影 Acoreおおみや編集部

 

 

奈良時代東大寺大仏殿の建設のさいに、日本国民の大部分の人たちが「未来の日本が良くなるように」との想いで、藁一本、土ひとかけらでも持ち寄って建設に携わったという歴史の話を参考に「大宮区役所新庁舎『地固め祭』」の企画が立ちあがりました。

 

浅田政志さんが撮影した写真作品です ↓

地固め祭・文字・大宮1

19055501_828743227288751_5364512139777656399_o

19095625_828743343955406_6623297367036202966_o

19092650_828745633955177_7376041494654767020_o

19143801_828744573955283_3120656231183177114_o

19055632_828749077288166_899651491707907635_o

19059945_828748853954855_4681669574510571897_n

19143984_828746750621732_2423848016095019705_o

地固め祭・子供4人

19143989_828744797288594_2336934116552613209_o

19095426_828747413954999_7130155746967743367_o

19143257_828749070621500_6027090016061740380_o

撮影 浅田政志

 

まだまだ素敵な写真作品がたくさんあります!現在、タブロ(写真集)を制作中。お楽しみに☆

 

大宮区役所新庁舎地固め祭市民参加プロジェクト 公式Facebook

https://ja-jp.facebook.com/omiyajigatame/

浅田政志 公式homepage

http://www.asadamasashi.com/

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去の記事

Twitterタイムライン

return top