美術に革命を 埼玉県立近代美術館 日本におけるキュビスム−ピカソ・インパクト

 

吉仲太造《生きもの H》1955 年 板橋区立美術館

1-02

東郷青児《帽子をかむった男(歩く女)》1922 年 名古屋市美術館

acore14

岡本太郎《まひるの顔》1948 年 川崎市岡本太郎美術館 公益財団法人岡本太郎記念現代芸術振興財団

acore18

鶴岡政男《夜の群像》1949 年 群馬県立近代美術館

 

 

埼玉県立近代美術館

日本におけるキュビスム−ピカソ・インパクト

 

11月23日 (水・祝) ~ 1月29日 (日)  ※会期中に一部展示替えあり

休館日 月曜日 (1月9日は開館) 一般 1100円

 

20世紀初頭に発生し、絵画自体が新しい現実となることをめざした美術運動「キュビスム」が、二度にわたって、別々の文脈で日本の作家たちに受容されたという仮説に基づいて組み立てた本展。主導したパブロ・ピカソとジョルジュ・ブラックの作品、日本の作家たちの作品約160点によってふりかえる。

 

お問合せ 埼玉県立近代美術館

さいたま市浦和区常盤9-30-1 Tel 048-824-0111

http://www.pref.spec.ed.jp/momas/

 

 

※掲載画像の無断転載・複製を一切禁じます。

 

 
リニューアルしました!今までの記事はこちらをご覧下さい ↓

Acoreおおみや WEBサイト http://acore-omiya.net/

関連記事

Twitterタイムライン

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
return top
error: Content is protected !!