約700の提灯がともる 武蔵一宮氷川神社 明治天皇御親祭150年「献灯点灯式」

 

dsc_00301

式典の前に祈祷

dsc_00811

東角井真臣権宮司

dsc_01021

dsc_01061

dsc_01261

 

来秋に向けて

明治天皇御親祭150年記念事業

「献灯点灯式」

武蔵一宮氷川神社

 

2016年11月30日に武蔵一宮氷川神社境内にて、明治天皇御親祭百五十年記念事業「献灯点灯式」が行われました。

式典では、氏子や地元企業、有志などから奉納された約700の提灯が一斉に点灯されました。

来年は明治天皇が武蔵一宮氷川神社に行幸され、祭儀を執り行われた年から150年目に当たり、秋には「明治天皇御神祭150年奉祝祭」が開催されます。

「明治天皇御親祭150年奉祝祭」では3000の提灯を目標。武蔵一宮氷川神社東角井真臣権宮司は「ご協力いただいた多くの方に感謝しています。光りが灯された提灯をたくさんの参拝客にご覧いただきたい。これから来年に、後世に向けて「明治天皇御神祭」の歴史的意義を伝えていきたいです」と協力を呼びかけました。

無病息災を願う祭典「大湯祭」は11月30日から12月11日まで12日間にわたり行われます。

 

dsc_005111

出席者 集合写真

dsc_01461

dsc_01411

dsc_000611

武蔵一宮氷川神社 http://musashiichinomiya-hikawa.or.jp/

 

関連記事

Twitterタイムライン

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
return top
error: Content is protected !!