大宮を“演劇の街”にしたい さいたま市出身 俳優、劇団漂流船主宰 井田國彦さん

 

㈱アップオンリーADにて

DSC_00821

 

 

 

演劇“ペコロスの母に会いに行く”を

市民会館おおみやで開催!

 

さいたま市大宮区出身・在住

俳優 井田國彦さんを取材いたしました!

 

次号Acoreおおみやの特集は、いよいよ開幕になる「さいたまトリエンナーレ2016」です。

今回“さいたまトリエンナーレ2016”のパートナーシップロゴ事業を使い、市民会館おおみやで“ペコロスの母に会いに行く”と題した演劇を開催する、『漂流船』という劇団を主宰する井田さん。

 

「俳優としてTVドラマや映画、演劇等に出演してきましたが、活動の舞台はほとんど東京でした。大宮区桜木町で育ちましたので、50歳を過ぎて、地元に恩返しできないかと考えるようになりました。そこで、演劇畑の人間である私は、やはり演劇で地域活性化に貢献がしたい。地域一体となって、大宮を“演劇の街”にしたいですね。」とお話します。

 

くわしくは。。7月15日発行になるAcoreおおみやno・30をお読みください☆お楽しみに!

 

DSC_01091

 

井田國彦さん プロフィール

さいたま市出身。AB型。大宮区在住。幅広いジャンルの演技に挑む個性派俳優。TVドラマ「GTO」では、テッシー役で話題に。映画・TV番組の演出、脚本、プロデュースも手掛け、 映画音楽やTV番組のテーマソングの作詞作曲を行うなど多彩。劇団漂流船主宰、ザ・ブロードキャストショウの座長、NEWSエンターテインメント・スクール顧問 http://ida-kunihiko.jp/

 

triennale_ida_kunihiko_pecoros1

 

ぺコロスの母に会いに行く

2016年9月2日(金) 16時開演 15時開場

さいたま市民会館おおみや 大ホール S席7500円 A席5000円

お問い合わせ SaCLaインフォメーションセンター 048-866-4600

詳細はこちらへ ↓

http://www.chunichi-theatre.com/pecoross/hall-saitama.html

 

団塊世代のダメサラリーマンが年老いた認知症の母親を介護するというお話で、現代日本の社会問題を扱っていますが、深刻にならずコミカルな内容で楽しめます!

 

さいたまトリエンナーレ2016 https://saitamatriennale.jp/

 

 

 

 

 

 

リニューアルしました!今までの記事はこちらをご覧下さい ↓

Acoreおおみや WEBサイト http://acore-omiya.net/

関連記事

Twitterタイムライン

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
return top
error: Content is protected !!