「サーキュレーションさいたま」“さいたまらしさ”地誌・公共空間から考える さいたま国際芸術祭

 

さいたま国際芸術祭2020

サーキュレーションさいたま

新しい“さいたまらしさ”の見立てー地誌・公共空間から考える

公開レクチャー

 

2020年3月に開催される「さいたま国際芸術祭2020」の一環として、2019年9月14日(土)、『新しい“さいたまらしさ”の見立てー地誌・公共空間から考える』と題した、「CIRCULATION SAITAMA(サーキュレーションさいたま)」の公開レクチャーが開催されました。

「サーキュレーションさいたま」とは、さいたまの多様な魅力を生活者の視点で掘り起こし、市民活動への展開を目指すワークショップです。

講師は、前回の「さいたまトリエンナーレ2016」の『さいたまスタディーズ』でも講演された、建築史・都市史が専門で、京都府立大学大学院生命科学研究科准教授の松田法子氏と、アーバンデザインセンター大宮副センター長で、埼玉大学人文社会科学研究科・准教授の内田奈芳美氏。

 

サーキュレーションさいたま さいたま国際芸術祭 松田法子

松田法子氏

 

サーキュレーションさいたま さいたま国際芸術祭 松田法子

 

松田氏は大宮の地誌について、「地‐質からみるさいたまⅡ」の資料をもとに、大宮の地質的な特徴について講演。

内田氏は、大宮で実証実験が行われた『大宮ストリートテラス』などの実験結果について講演した後、公共空間としての街路空間をどう活用するかに関し、提言を行ないました。

 

サーキュレーションさいたま さいたま国際芸術祭 内田奈芳美

内田奈芳美氏

 

内田奈芳美 サーキュレーションさいたま さいたま国際芸術祭

サーキュレーションさいたま さいたま国際芸術祭 内田奈芳美

サーキュレーションさいたま さいたま国際芸術祭 大宮図書館

旧大宮図書館

 

 

「サーキュレーションさいたま」の公開レクチャーは、10月以降も旧大宮図書館で順次開催されます。

 

サーキュレーションさいたま https://circulation-saitama.com/

さいたま国際芸術祭2020 https://art-sightama.jp/

 

 

サーキュレーションさいたま さいたま国際芸術祭 松田法子 清水勇人さいたま市長

清水勇人さいたま市長も公開レクチャーに参加。松田法子氏と一緒に

 

さいたまトリエンナーレ2016 さいたまスタディーズ

松田法子氏の記事です! ↓

 

気鋭の美しき研究者・松田法子さん取材!@さいたまトリエンナーレ2016 

 

☆タウン誌『アコレおおみや』配布場所MAP☆

http://map.acore-omiya.com/

☆公式スタッフBlog『アコレおおみや写真nikki(日記)』

http://staff.acore-omiya.com/

☆スタッフ私的Blog『アートと、黒猫と、さいたまと』

https://www.namineko.com/

 

 

 

関連記事

Twitterタイムライン

スタッフブログ おおみや写真nikki(日記)

アコレおおみや配布場所MAP

アコレおおみや タウン誌 大宮 さいたま

 

スタッフ私的ブログ「アートと、着物と、さいたまと」namineco nami

return top
error: Content is protected !!