「佐伯祐三 自画像としての風景」東京ステーションギャラリー

「佐伯祐三 自画像としての風景」東京ステーションギャラリー

東京では18年ぶりの大回顧展。佐伯祐三の代表作100余点を一堂に集結

およそ100年前、大阪、東京、パリの3つの街に生き、短くも鮮烈な生涯を終えた画家、佐伯祐三(1898-1928)。

1924年に初めてパリへ渡ってからわずか4年余りの凝縮された画業の中で、石造りの街並みを荒々しく重厚な筆致で描く作風や、軽やかで繊細な線で画面を埋め尽くす独自の画風に到達しました。

《郵便配達夫》1928年、大阪中之島美術館

《ガス灯と広告》1927年、東京国立近代美術館

私たちは、佐伯の絵画に向き合う時、風景に対峙する画家の眼、筆を走らせる画家の身体を強く想起させられます。それゆえその作品はしばしば、画家自身を映したものー自画像にたとえられます。

《コルドヌリ(靴屋)》1925年、石橋財団アーティゾン美術館

《煉瓦焼》1928年、大阪中之島美術館

《下落合風景》1926年頃、和歌山県立近代美術館

本展では、佐伯が描いた「東京」「大阪」「パリ」の3つの街に注目し、画家が自らの表現を獲得する過程に迫ります。

 

「佐伯祐三 自画像としての風景」東京ステーションギャラリー

  • 会期:2023年1月21日(土)~4月2日(日)
  • 会場:東京ステーションギャラリー(東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東京駅 丸の内北口 改札前)
  • 開館時間:10:00~18:00(金曜日~20:00)※入館は閉館の30分前まで
  • 休館日:月曜日(3月27日は開館)
  • 入館料:一般1,400円(税込)など
  • 問合せ:電話03-3212-2485
  • ホームぺージ:https://saeki2023.jp/

AcoreおおみやWEBサイトをお読みの方、5組10名様に読者招待チケットをプレゼント!

住所、氏名、年齢、電話番号、アコレのwebサイトへの感想を明記の上、

件名「佐伯祐三展 チケット希望」 acore01@gmail.com 宛にご応募ください。

※掲載画像の無断転載・複製を一切禁じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です