「岩槻こはく菓子ひなな」岩槻の老舗和菓子店が共同開発 人形博物館オープンに向けて

 

「岩槻こはく菓子ひなな」

岩槻の老舗和菓子店が共同開発 岩槻人形博物館オープンに向けて

 

岩槻区の和菓子店5店が参加している「岩槻特産品研究グループ」が、岩槻の雛人形をモチーフにした和菓子「岩槻こはく菓子ひなな」を共同開発しました。

2月22日の岩槻人形博物館オープンに向けて、「人形のまち岩槻にふさわしい、新しい特産品を作ろう」という想いから、何度も試作を重ね、共同開発したもの。

 

岩槻こはく菓子ひなな ひなな 藤宮製菓

磯崎家宗庵(そうあん)、秋月、田中屋本店、時乃鐘田中屋、藤宮製菓の五店が共同開発した「岩槻こはく菓子ひなな」。5色、5種類の味。

 

 

「ひなな」は、寒天を砂糖で煮詰め、果汁を加えて固めた良質な琥珀(こはく)菓子。

味は、白桃、葡萄、紅茶のアールグレイなど、江戸好みの華やかで粋な色使いで、五色五種類の味が楽しめます。

雛人形や、古くから縁起が良いとされる文様にちなみ、各店ごとに趣向を凝らした形で上品な箱に詰められています。

 

岩槻こはく菓子ひなな ひなな 藤宮製菓

賞味期限は1か月程と長いので、お土産にも最適。

 

グループの代表を務める藤宮製菓の佐藤高広さんは「他店舗と一緒に力を合わせて、インパクトのあるお菓子を作りたかった。それぞれのお店の個性が出ていると思います。岩槻人形博物館のオープンに向けて、街を盛り上げたいですね。」と意気込みを語りました。

「ひなな」は岩槻人形博物館に隣接するにぎわい交流館などで販売します。1箱税抜き800円。

 

岩槻こはく菓子ひなな ひなな 藤宮製菓

岩槻の老舗和菓子店の職人達。「岩槻こはく菓子ひなな」を持って

 

問い合わせは藤宮製菓へ

https://fujimiyaseika.jimdofree.com/

 

岩槻こはく菓子ひなな ひなな 藤宮製菓

 

☆タウン誌『アコレおおみや』配布場所MAP☆

http://map.acore-omiya.com/

☆公式スタッフBlog『アコレおおみや写真nikki(日記)』

http://staff.acore-omiya.com/

☆スタッフ私的Blog『アートと、着物と、さいたまと』

https://www.namineko.com/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です