20世紀を代表する彫刻家、ジャコメッティの大回顧展 国立新美術館開館10周年 「ジャコメッティ展」

101
アルベルト・ジャコメッティ《犬》1951年 ブロンズ マルグリット&エメ・マーグ財団美術館、
サン=ポール・ド・ヴァンス Archives Fondation Maeght, Saint-Paul de Vence (France)

Groupe de trois hommes I

アルベルト・ジャコメッティ 《3人の男のグループ(3人の歩く男たち)》1948/49年
ブロンズ マルグリット&エメ・マーグ財団美術館、
サン=ポール・ド・ヴァンス Archives Fondation Maeght, Saint-Paul de Vence (France)

021

マーグ財団美術館の中庭に立つジャコメッティ
Archives Fondation Maeght, Saint-Paul de Vence (France)
141
アルベルト・ジャコメッティ 《歩く男Ⅰ》1960年 ブロンズ 
マルグリット&エメ・マーグ財団美術館、サン=ポール・ド・ヴァンス
Archives Fondation Maeght, Saint-Paul de Vence (France)

 

 

20世紀を代表する彫刻家、ジャコメッティの大回顧展

 

国立新美術館開館10周年

ジャコメッティ展

 

スイスに生まれ、フランスで活躍した、20世紀のヨーロッパで最も重要な彫刻家のひとり、アルベルト・ジャコメッティ(1901-1966年)。アフリカやオセアニアの彫刻やキュビスムへの傾倒、シュルレアリスム運動など影響を受けながら、独自のスタイルの創出へと歩み出しました。それは、身体を線のように長く引き伸ばした、まったく新たな彫刻でした。ジャコメッティは、見ることと造ることのあいだの葛藤の先に、虚飾を取り去った人間の本質に迫ろうとしたのです。また、日本人哲学者である矢内原伊作と交流したことでも知られ、矢内原をモデルとした制作は、ジャコメッティに多大な刺激を与えました。本展覧会には、初期から晩年まで、彫刻、油彩、素描、版画など、選りすぐりの作品、132点が出品される予定です。

 

2017年6月14日(水)~9月4日(月)国立新美術館 企画展示室1E

休館日:火曜日

観覧料:一般 1,600円 ほか

問い合わせ 03-5777-8600(ハローダイヤル)

展覧会ホームページ:http://www.tbs.co.jp/giacometti2017/

 

AcoreおおみやWEBサイトをお読みの方

5組10名様にチケットをプレゼント!

 

住所、氏名、年齢、電話番号、アコレのブログへの感想を明記の上、

件名「ジャコメッティ チケット希望」acore01@gmail.com 宛にご応募ください。
(応募締切6月26日必着)

 

※画像写真の無断転載を禁じます

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去の記事

Twitterタイムライン

return top