「さいたま国際芸術祭2023」ディレクター 現代アートチーム目 [mé]への委嘱状交付式

さいたま国際芸術祭 2023 ディレクター 現代アートチーム目 [mé] さいたま市役所

「さいたま国際芸術祭2023」

~ディレクター・現代アートチーム目 [mé]への委嘱状交付式

 

「さいたま国際芸術祭 2023」が令和5年に開催される予定です。そのディレクターに就任した現代アートチーム・目 [mé]のメンバーに対して、4月22日にさいたま市役所市長室にて、さいたま国際芸術祭実行委員会会長の清水勇人さいたま市長より委嘱状が交付されました。

(左から 現代アートチーム・目 [mé] 増井宏文氏、荒神明香氏、清水市長、南川憲二氏、プロデューサーの芹沢高志氏)

さいたま国際芸術祭 2023 ディレクター 現代アートチーム目 [mé] さいたま市役所

目 [mé]は、アーティスト・荒神明香、ディレクター・南川憲二、インストーラー・増井宏文を中心とする現代アートチームで、埼玉(北本市)を拠点に10年以上創作活動を続けています。国内外で広く作品を発表し、「さいたまトリエンナーレ2016」でも作品を発
表。今回はディレクターとして、さいたま国際芸術祭に参加することになりました。

清水勇人市長からは、「さいたまトリエンナーレでの目の作品はインパクトがあって思い出深い。さいたま国際芸術祭は市民参加型をコンセプトにしており、市民とアートを繋ぐ導線になってくれれば」と期待が寄せられました。

さいたま国際芸術祭 2023 ディレクター 現代アートチーム目 [mé] さいたま市役所

目 [mé]のメンバーからは、「埼玉を拠点に活動しているので、作品は、埼玉の景色の中で構想して生まれている部分もあるはず。さいたまの文化を大切に、メンバーの知識や経験を最大限に振り絞り、市民参加型の芸術祭として、世界を自分に引き寄せて実感していただける芸術祭にしていきたい。」と意気込みを語りました。

さいたま国際芸術祭 2023 ディレクター 現代アートチーム目 [mé] さいたま市役所

「それぞれの個性が違うのでケンカする事もあるけど、3倍の特性を出し合って、いい芸術祭にしたい」と語る、アーティスト集団、現代アートチーム目 [mé]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です