【浦沢直樹展】埼玉県立近代美術館に浦沢直樹がやってきた!

 

http://www.pref.spec.ed.jp/momas/

 

埼玉県立近代美術館

浦沢直樹展

描いて描いて描きまくる!-埼玉の巻-

2018年7月7日(土)

浦沢直樹氏ご本人による説明付きの(贅沢な!)内覧会へいってきました

 

『YAWARA!』、『パイナップルARMY』、『MASTER キートン』、『20世紀少年』、『BILLY BAT』『Happy!』、『MONSTER』など、作品のすべてが代表作といっても過言ではない、漫画界の鬼才、浦沢直樹の全貌を紹介。

直筆原稿や構想メモ、秘蔵のイラストやスケッチ、少年時代の漫画ノートに至るまで、膨大な数の手稿を通して圧倒的な熱量を体感できる展覧会です。

 

「モンスター」だ!漫画賞を総ナメにした大作です。浦沢直樹氏、初の本格ミステリー。個人的にも超おすすめな漫画ですよ。

会場には、作品と一緒に撮れる楽しいフォトスポットがたくさんあります!

漫画という芸術文化の世界で、常にトップを走ってきた浦沢直樹氏。浦沢氏は1960年に生まれ、1983年のデビュー作にわたり、スポーツ、ミステリー、歴史、SFなどさまざまなジャンルの傑作を誕生させてきました☆

柔道ブームを巻き起こした『YAWARA!』。浦沢氏が描きおろした作品です。柔ちゃん、懐かしい!

映画化され、大ヒットとなった『20世紀少年』。多くのファン拡大してきました。

ルーブル美術館と浦沢氏がコラボレーションした話題の最新作『夢印』。2018年、ルーブル美術館をテーマに各国のクリエイターたちが漫画を描く、同美術館のプロジェクトにより実現しました。

目の前でドローイング!感動しました・・

さいたまの印象は?と聞くと「ニューヨークに対するニュージャージー。」とユニークな返答。

 

音楽活動も行っている浦沢氏。自ら演奏した音楽に乗せてその場で描く、飛躍感のあるイベントが7月21日に行われます。(残念ながら締切ました)会場には、浦沢氏の音楽が視聴できるコーナーもあります。

つねに新境地を開き、進化し続ける漫画家・浦沢直樹の世界を、たっぷりとお楽しみ下さい!

 

2018年7月7日 (土) ~ 9月2日 (日)

休館日:月曜日(7月16日、8月13日は開館)

観覧料:一般1100円

問い合わせ:℡048-824-0111

http://www.pref.spec.ed.jp/momas/

 

埼玉県立近代美術館「浦沢直樹展 描いて描いて描きまくる!-埼玉の巻-」

 

☆公式スタッフBlog『おおみや写真nikki(日記)』

http://staff.acore-omiya.com/

☆タウン誌『アコレおおみや』配布場所MAP

http://map.acore-omiya.com/

 

関連記事

Twitterタイムライン

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
return top
error: Content is protected !!