みんなでつくり上げるトリエンナーレを目指して さいたまトリエンナーレ2016総合アドバイザー 加藤種男さん

 

https://saitamatriennale.jp/

DSC_00391

協力:清水園

 

2016年5末

さいたまトリエンナーレ2016総合アドバイザー

加藤種男さんを取材いたしました!

 

次号本誌の特集は今秋に開催される国際芸術祭「さいたまトリエンナーレ2016」です!

冊子が発行されてからのお楽しみなので、あまり詳しくレポートできませんが。。

さすが総合アドバイザー。とてもひろくながい目でトリエンナーレのことを考えていらっしゃるんだな、と感じました。

大宮アルディージャとトリエンナーレがコラボレーションしたりとか、さいたま市に眠っているピアノを生かした“10,000人のピアノコンサート”とか、未来に向かって走る鉄道博物館のイベントなど、、

わくわくするような提案でした☆

そして、彩の国芸術劇場が開催する「1万人のゴールド・シアター2016」。

埼玉独自の発信をと考え、演出家・蜷川幸雄さんに「1万人のゴールド・シアターをやりたい」とお願いしたところ、快諾していただいたそうです。

「残念ながら蜷川さんは亡くなってしまいましたが、蜷川さんの追悼のためにも、ぜひ成功させたいと思っています。」と加藤さん。

公募で集まった60歳以上の高齢者が参加する、世界最大級の大群集劇。会場はさいたまスーパーアリーナです。「さいたまトリエンナーレ連携プロジェクト」に入っています。

「全国の他の地域で開催されているトリエンナーレ、ビエンナーレですが、さいたま市は、他とまったく違うやり方を提案しています。」と加藤さんは力説します。

参加するプロのアーティストに負けないくらい、市民が参加して、発信し合う、トリエンナーレに!

 

なんだかまとまらない記事になってしまいましたが、、

生活都市さいたまから生まれる「想像力」の祭典です。参加アーティストも豪華ですよ!

地元トリエンナーレをみんなで盛り上げましょう!

 

DSC_008211

ご自宅に近い氷川参道にて。どうもありがとうございました!

 

加藤種男さん

公益社団法人 企業メセナ協議会 専務理事・代表理事

1948年生まれ。兵庫県出身。O型。大宮区在住。1990年~2013年までアサヒビールで文化活動を中心に、幅広く社会貢献を担当。アサヒグループ芸術文化財団顧問など多数歴任し、現職へ。2008年度芸術選奨文部科学大臣賞受賞。企業メセナに携わり25年。節目の年となる今年中に書籍『創造列島』を刊行予定。地元の好きな場所は見沼田んぼ。http://www.mecenat.or.jp/ja/

 

さいたまトリエンナーレ2016 公式ホームページ https://saitamatriennale.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リニューアルしました!今までの記事はこちらをご覧下さい 

Acoreおおみや WEBサイト http://acore-omiya.net/

関連記事

Twitterタイムライン

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
return top
error: Content is protected !!