埼玉ゆかりの文学者の筆跡「文学館の宝箱―ゆかりの文学者の筆跡―」さいたま文学館

bunga01

 

http://www.saitama-bungakukan.org/

0001

0002

 

 

さいたま文学館

収蔵名品展

文学館の宝箱―ゆかりの文学者の筆跡―

2017年4月22日(土)から6月4日(日)まで

 

さいたま文学館の収蔵資料から、特に全国的にも知名度の高いゆかりの文学者の筆跡を味わうことのできる自筆の書画や原稿の優品を選んで展示します。特集として与謝野晶子の埼玉における旅の足跡を紹介します。自筆歌稿「山泉抄」(名栗の情景を詠んだ作品)も初公開。

 

● 観覧料 一般210円 ● 休館日 月曜日、第4火曜日(5月23日)

 

さいたま文学館

桶川市若宮1-5-9 Tel 048-789-1515 http://www.saitama-bungakukan.org/

 

AcoreおおみやHPをお読みの方

先着5名様にチケットをプレゼント!

 

住所、氏名、年齢、電話番号、アコレのブログへの感想を明記の上、

件名「さいたま文学館 チケット希望」acore01@gmail.com 宛にご応募ください。

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去の記事

Twitterタイムライン

return top