マリメッコの60年にわたる歴史をたどる マリメッコ展―デザイン、ファブリック、ライフスタイル

01_%e3%82%a6%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%b31

 

ファブリック ≪ウニッコ≫(ケシの花)、図案デザイン:マイヤ・イソラ、
 1964年 Unikko pattern designed for Marimekko by Maija Isola in 1964
041
ファブリック≪シィールトラプータルハ≫(市民菜園)、図案デザイン:マイヤ・ロウエカリ、
 2009年 Siirtolapuutarha pattern designed for Marimekko by Maija Louekari in 2009

02-%e3%82%ab%e3%82%a4%e3%83%b4%e3%82%a91

ファブリック≪カイヴォ≫(泉)、図案デザイン:マイヤ・イソラ、1964年
 Kaivo pattern designed for Marimekko by Maija Isola in 1964
06-%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e5%a5%b3%e6%80%a7%e6%a8%aa%e5%90%91%e3%81%8d1

ドレス≪カトリッリ≫ファブリック≪プケッティ≫(ブーケ)、服飾・図案デザイン:アンニカ・リマラ、
1964年 Design Museum Archive / Photo: Seppo Saves

05_3-11-08_3-1281

ドレス、服飾デザイン:ミカ・ピーライネン、2001年
 ファブリック≪マンシッカヴオレト≫(イチゴの山々)、図案デザイン:マイヤ・イソラ、
 1969年 Design Museum / Harry Kivilinna

 

 

フィンランドを代表するデザイナー

マリメッコの60年にわたる歴史をたどる

 

マリメッコ展

―デザイン、ファブリック、ライフスタイル

Bunkamuraザ・ミュージアム

 

フィンランドを代表するデザインハウス、マリメッコは1951年、アルミ・ラティアによってヘルシンキで創業され、60年代には世界的なブランドへと成長しました。マリメッコが生み出す布地の柄は、多くがフィンランドの伝統的なモチーフや自然に着想を得つつ、大胆でカラフル、抽象的なデザインでした。その後製品は家庭用品やインテリアにまで展開され、マリメッコは今日、日本を含む世界中で絶大な人気を誇っています。

本展は、ヘルシンキのデザイン・ミュージアムの所蔵作品から、ファブリック約50点、貴重なヴィンテージドレス約60点、デザイナー自筆のスケッチ、各時代の資料など、計200点以上を通して、マリメッコの60年にわたる歴史をたどり、個性あふれるデザイナーの仕事ぶりと活躍を紹介する、国内初の大規模な巡回展です。

 

2016年12月17日(土)-2017年2月12日(日)

*1/1(日)のみ休館

入館料 一般1,400円

問い合わせ ハローダイヤル 03-5777-8600

http://marimekko-exhibition.jp/

 

Bunkamuraザ・ミュージアム

東京都渋谷区道玄坂2-24-1

http://www.bunkamura.co.jp/museum/

 

marimekko Bunkamura_A4

 

AcoreおおみやWEBサイトをお読みの方

5組10名様にチケットをプレゼント!

 

住所、氏名、年齢、電話番号、Acoreのブログへの感想を明記の上、

件名「マリメッコ展 チケット希望」acore01@gmail.com 宛にご応募ください。
(応募締切12月29日必着)

 

 

※掲載画像の無断転載・複製を一切禁じます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去の記事

Twitterタイムライン

return top