地元の美術館をもっと身近に。ここがみどころスポットライト!うらわ美術館

G1
加納光於 《アララットの船あるいは空の蜜》
1971-72 年 木、金属、フィルム、ガラス、
未発表詩集(大岡信 『砂の嘴 まわる液体』青地社、東京)他
68.0×44.1×22.6 ㎝

 

 

うらわ美術館

ここがみどころスポットライト!うらわ美術館

2017年11 月 18 日(土)~2018年 1 月 14 日(日)

 

  • 月曜日(1月8日は開館)、1月9日、年末年始(12月27日~1月4日)
  • 一般 610円
  • 問い合わせ 048-827-3215

子どもから大人まで地元の美術館を身近に。出品点数約 80 点から、より多くの市民とうらわ美術館が出会うきっかけとなるよう、各作品の見どころと特徴をわかりやすく紹介する。展覧会鑑賞をサポートするプログラムも用意し、「地域ゆかりの作家」と「本をめぐるアート」を軸に、 2部構成。

公式ホームページ http://www.city.saitama.jp/urawa-art-museum/

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去の記事

Twitterタイムライン

return top