日本を代表する彫刻家 若林奮 「若林奮 飛葉と振動」展 うらわ美術館

②うらわ美術館1

≪振動尺(手許)≫(個人蔵)と若林奮、撮影:内田芳孝/1982年10月

 

wakabayashi_021

≪4個の鉄に囲まれた優雅な樹々≫(2000年)、霧島アートの森、撮影:山本糾/2014年11月

wakabayashi_041

≪港に対する攻撃II≫1968年、個人蔵、撮影:山本糾

wakabayashi_031

≪[ドローイング1997.06.05-045]≫1997年、WAKABAYASHI STUDIO蔵

 

 

うらわ美術館

「若林奮 飛葉と振動」展

4 月23 日(土)~ 6 月19 日(日) 

 

若林奮は1960 年代初め、鉄を直接刻み溶接する、重量感ある作品で鮮烈なデビューを果たした。二度のヴェネツィア・ビエンナーレへの出品など、日本を代表する彫刻家として、第一線で活躍。特別出品として、若林が手がけた本に関連する作品も豊富に紹介。巡回展最後の会場となるため、お見逃しなく。

 

休館日:月曜日 観覧料:一般610 円

 

問い合わせ うらわ美術館

さいたま市浦和区仲町2-5-1 浦和センチュリーシティ3F

℡048-827-3215 http://www.uam.urawa.saitama.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リニューアルしました!今までの記事はこちらをご覧下さい ↓

Acoreおおみや WEBサイト http://acore-omiya.net/

関連記事

Twitterタイムライン

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
return top