国際芸術祭「さいたまトリエンナーレ2016」再び!プラザウエストやプラザノースで作品を展示

img_20160924_125240

 

http://saitamatriennale.jp/

img_20160923_193205

ウィスット・ポンニミット

img_20160925_000058

川埜 龍三

✳昨年の展示風景

 

「さいたまトリエンナーレ2016」再び!

プラザウエストやプラザノースなどで展示

 

昨年、初めて開催しました国際芸術祭「さいたまトリエンナーレ2016」に出展されていた作品が再び市内で展示されます。
この度の再展示は、「生き生きと心豊かに暮らすことのできる文化芸術都市の創造」に向けて、身近な場所で気軽に芸術作品を鑑賞する機会の創出を目的に行われるもの☆

さいたま市で初めて開催された国際芸術祭「さいたまトリエンナーレ2016」の記憶を引き継いだ、身近な場所で気軽に鑑賞できる芸術作品です。是非御鑑賞ください!

 

●今後展示される作品●

 

作品名 《犀の角がもう少し長ければ歴史は変わっていただろう サイタマB》

作家名 川埜 龍三(かわの りゅうぞう)

展示場所  プラザウエスト 1階 ロビー付近 (さいたま市桜区道場4-3-1)

展示開始  6月14日(水)

 

作品名 《未来はプレゼント》 Future is a gift

作家名 ウィスット・ポンニミット

展示場所 プラザノース 1階 ユーモアスクエア (さいたま市北区宮原町1-852-1)

展示開始 6月27日(火)

さいたまトリエンナーレ2016で展示された全10枚のイラスト作品のうち数点ずつを今後展示します

 

などなど☆ 詳細は公式ホームページをご覧ください ↓

http://saitamatriennale.jp/news/2714.html

 

img_20160915_2357511

展示はありませんが☆なつかしの「さいたまサラリーマン」

img_20160923_193941

さいトリのポスターになった「息をする花」。アーティストのチェ・ジョンファさん

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去の記事

Twitterタイムライン

return top