方丈さまから涅槃団子を奪いました 春分の日 大宮山 東光寺「春彼岸会」 

 

本堂は檀徒さん信徒さんでいっぱいです

 

2014年3月21日(春分の日)

大宮区にある曹洞宗 大宮山 東光寺「春彼岸会」へ行ってまいりました

一般の方もOKだそうで、仏を感じにレッツ☆GO!

春のお彼岸は3月18日~24日までの7日間です。ご先祖様に感謝の気持ちを伝えに行きましょう。

 

IMGP63281

IMGP63241

豪華な法要でした

IMGP63371

法要のあとは楽しいお坊さんによる「ねはんだんご」撒きです。よってたかって、だんごの奪い合い状態です 笑

IMGP63634

こちらが「ねはんだんご」です。昨年は業者にお願いしたそうですが、今年はお坊さんたちによる手づくりだんごです。

もっと素朴なものかと思っていましたが、このクオリティはさすが。

涅槃団子は「お釈迦様」のお骨に例えられ、食べたり、身につけたりすると、

お釈迦様が守ってくださるといわれているそうです。

 

恥ずかしながら、方丈さまが団子を捲いているところ、奪うように手にとってしまった私です

慾深い、、恥ずかしい、、もう東光寺へいけない、、

IMGP63461

ご本尊は薬師如来さまです

IMGP63478

恥ずかしかったけど 笑 すばらしい法要でした。

IMGP63551

休憩所です。セルフサービスで珈琲、お茶、おせんべいなど無料でいただけます。

ご開帳もおこなっておりました!

IMGP63539

なんて美しい観音様、、

IMGP63597

招き猫も可愛らしい。さすがのセンス、東光寺です。後にいらっしゃるのはおさわり観音さま。

IMGP63611

IMGP63692

お茶とお弁当をいただきました。どうもありがとうございます!おもてなしですね

IMGP63491

IMGP63519

仏を春を感じる1日でした。日々、感謝です!

東光寺では毎週土曜日15時から「座禅会」を実施しています。入場無料です。

いたキモチイイですよ。心の平安を保つために、チャレンジされてはいかがでしょう☆

hikawa_hasimoto_toukouji11

 

大宮駅東口から旧中山道沿いを歩いて6分のところにある東光寺。現在、寺を囲むようにオフィスビルが林立している。しかし、寺の門から一歩中に足を踏み入れると、そこには都会の喧噪を忘れるほど静かな時間が流れている。東光寺の歴史は、この地に天台宗寺院として開創されたが、鎌倉時代元棟禅師が開山となり曹洞宗(禅宗)に改宗された。江戸時代中仙道開設と共に現在地に移転され、880年の歴史を有している。寺宝には、本尊の秘佛”東方薬師”木彫坐像、一尺二寸、宮殿御厨子内に安置され、胎内に藤原期の純金造 、一尺二分の”胎内薬師”が蔵されている。

 

大宮山 東光寺

さいたま市大宮区宮町3-6  電話番号 048-641-0523

http://www.toukouji-ohmiya.jp/

 

Acoreおおみや 電子BOOK NO.6「お寺へ行こう」掲載

http://acore.moover.jp/ebook/v14/_SWF_Window.html

 

 

 

 

 

 

 

リニューアルしました!今までの記事はこちらをご覧下さい ↓

Acoreおおみや WEBサイト http://acore-omiya.net/

 

 

関連記事

Twitterタイムライン

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
return top