雛祭りに向け等身大の享保雛を製作中! 東久 お人形歴史館

 

制作中のお雛様と福田館長。完成した享保雛は、年間を通じてお人形歴史館に展示される予定。

 

東久

お人形歴史館

雛祭りに向け等身大の享保雛を製作中!!

 

歴史ある人形の街、岩槻区にある「お人形歴史館」の福田館長は日本の伝統を受け継ぐ、人形職人の第 一人者であり、皇室へ高倉雛の献上、NHKドラマ「篤姫」「御宿かわせみ」に雛人形を貸し出すなど各方 面で名が知られている。一方、岩槻高等学校、岩槻商業高校の非常勤講師として人形の文化や歴史について講演を行い伝統文化の継承に情熱を傾けている。現在は2月~4月に各地で開催される「雛めぐり」に向け、350年前の享保雛を等身大のお雛様に再現する製作を進め、すでに女雛が完成。享保雛は大名や豪商が飾っていたもので、今年の雛祭りには巨大な享保雛が誕生する。ぜひご覧ください。

 

℡048-757-3032
さいたま市岩槻区加倉1-7-1
9:30~17:00
休館日 水曜

 

関連記事

Twitterタイムライン

スタッフブログ おおみや写真nikki(日記)

アコレおおみや配布場所MAP

アコレおおみや タウン誌 大宮 さいたま

 

スタッフ私的ブログ「アートと、着物と、さいたまと」namineco nami

return top
error: Content is protected !!