【てがた絵祭 大宮】建設中の大宮区役所新庁舎6階部分に組み込まれました!

 

 

【てがた絵祭】

大宮区役所新庁舎の6階部分に組み込まれました!

 

2018年8月5日(日)大宮区役所新庁舎予定地において、市民が自らまちづくりに参加するきっかけになってほしいと、天井に使われる鉄骨に市民が手形で竜を描く「てがた絵祭」が行われました。

主催したのは、大宮区役所新庁舎地固め祭実行委員会(事務局:毎日興業㈱桜木オフィス内)と大宮クロスポイント㈱。

近くに住む市民約500人が参加し、ペンキに浸して鉄骨に手形を押した後、鉄骨の裏側にペンで自身の名前を記しました。

 

9月5日(水)、この鉄骨が、建設中の新庁舎の6階部分に組み込まれました!

 

(写真)この鉄骨の裏面に、約500名の手形が描かれいます。

手形の絵が見えます!

「てがた」ポーズで。大宮区役所新庁舎地固め祭実行委員会、関係者の皆様。お疲れ様でした。

来年5月に、大宮区役所新庁舎がオープンします!

 

 

大宮区役所新庁舎に向けて「てがた絵祭」鉄骨の竜に乗った市民500人の想い

 

☆タウン誌『アコレおおみや』配布場所MAP

http://map.acore-omiya.com/

 

関連記事

Twitterタイムライン

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
return top