補助犬の同伴に理解を 障がいのある人、ない人が交流できる暮らし 櫻井洋子さん&盲導犬スカイ

櫻井さんスカイ31

 

櫻井さんスカイ11

櫻井洋子さん&盲導犬スカイ

写真提供 公益財団法人日本盲導犬協会

 

 

補助犬の同伴に理解を

ノーマライゼーション

障がいのある人、ない人が交流できる暮らし

櫻井洋子さん&盲導犬スカイ

 

飲食店や公共施設には補助犬(盲導犬・介助犬・聴導犬)の同伴を認める法的義務があることを知っていますか? 補助犬は、社会参加するための訓練を受けています。でも、補助犬の受け入れを拒否する店などが多いのが現状です。

「さいたま市は暮らしやすい大好きな街です。誇るべき政令指定都市として、障がい者や補助犬に対し、もっと理解が広がってほしい」と訴えるのは、聴覚と視覚に障がいを持つ「盲ろう者」の櫻井洋子さん。さいたま市在住で、マッサージ師として働きながら、講演活動を行っています。パートナーはニューヨーク生まれの盲導犬『スカイ』。6歳のメスのホワイトシェパードです。明るくよく笑う櫻井さんですが、34歳で「失明」の宣告を受けたときは恐怖と絶望に襲われたそう。今は手話パフォーマンスを行う劇団のメンバーとしても活躍中。4月にはさいたま市長を表敬訪問しました。補助犬を連れて、普通に店で食事が楽しめるようになる日を心待ちにしています。

 

IMG_20170812_201120

8月、ろう者と健聴者の交流の場を作る「Sign Language TV (サイン・ランゲージ・テレビ)」の皆さんと一緒に。与野本町にあるギャラリー南風・蔵の家にて。

記事  http://acore-omiya.com/sig09/

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去の記事

Twitterタイムライン

return top