東武野田線の車両を舞台に演劇パフォーマンス「サイタマ・フロンテージ」さいたまトリエンナーレ

 

https://saitamatriennale.jp/

 

dsc_00181

大宮駅。これから「サイタマ・フロンテージ」ゲネプロ鑑賞会へ。東武アーバンパークラインへ乗車します。※普段は撮影NGです

dsc_00671

dsc_007411

dsc_01401

dsc_00591

列車は普通に動いているので、大宮~岩槻の風景が見れます

dsc_01681

韓国の演出家 ユン・ハンソルさん。厳しそうな目でチェックしています

dsc_00811

dsc_02401

列車が止まりました。ホームにはハロウィン!?外からゾンビのような群衆たちが。。

dsc_00991

dsc_024511

dsc_02561

よく見ると可愛い子供たちも。着物、浴衣、モンペ、甚平などの和装や、韓国風の衣装でした

img_27191

dsc_01641

dsc_01771

dsc_02871

『現代風大名行列』

ワークショップで制作した衣装と大名行列の主演は一般のさいたま市民です。このような体験ができるなんて貴重な機会ですね!

dsc_03151

「ださいたま♪ださいたま♪」と歌い踊りました。自虐的なセリフもたくさん。。

img_27431

 

あっとゆうまの約110分でした!

セリフの中に、たくさんのさいたまネタが盛り込んでありました。

「意味はわからなかったけど、おもしろかった」「遊園地みたい!」「ぐしゃぐしゃしてうるさかった」「長時間を感じさせず楽しめた」などワクワクな意見が寄せられました。

窓から見えるのはいつもの風景。劇中に本物の駅員さんが通行したり、日常であるような非日常であるような、ユニークな演劇パフォーマンスでした。

 

さいたまトリエンナーレ2016

「サイタマ・フロンテージ」

 

さいたま市内を走る東武アーバンパークラインの車両を舞台にした移動型演劇パフォーマンスを行いますさまざまな社会の葛藤やそこに見え隠れする背景を描いてきた韓国を代表する演出家ユン・ハンソルが、公募により選ばれたクリエーションメンバーらと作品創作をします。

作品タイトルの“Frontage(フロンテージ)”とは、直訳すれば、“(建物の)正面、間ロ”のこと。さいたまに間口があるとすれば、誰がどこから何を測るのか。さいたま、あるいは、都市の尺度とは。さいたま市内を通る旧街道。大都市と郊外、そして東日本各地を結ぶ列車網。人々の移動。列車を使った日々の移動・・・いろいろな時間や場所の「間」にさいたまを置いてみる、さいたまの出入り「口」を考えてみる。
メンバーらのリサーチを基にした、都市のアイデンティティを探る物語が、列車内で展開します。

 

2016年9月24日(土)・25日(日)、10月8日(土)・9日(日)

東武アーバンパークライン(東武野田線)車両内
上演時間: 約110分(大宮駅14時06分発-大宮駅15時57分着)
観客定員: 各日150名
一般2,000円

 

前売り券、当日券は完売です!!

 

やっぱり人気!!

 

79日間の「さいたまトリエンナーレ2016」です。まだまだアートがてんこ盛りですよ!ぜひさいたまから発信するアートをお楽しみ下さい☆

さいたまトリエンナーレ公式HP https://saitamatriennale.jp/

 

img_20160925_2309571

img_20160925_2039511

さいたまトリエンナーレ2016 公式ガイドブックも絶賛発売中です☆

さいトリサポーターになると「さいたマムアン」ちゃんのバックがいただけますよ!

リニューアルしました!今までの記事はこちらをご覧下さい ↓

Acoreおおみや WEBサイト http://acore-omiya.net/

関連記事

Twitterタイムライン

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
return top