日々はもっと楽しくなる アートに触れて さいたまトリエンナーレ@旧民俗文化センター 

 

旧埼玉県立民族文化センター 公式イメージキャラクター「さいたマムアン」ちゃんがおでむかえ

 

 

気持ちのいい秋の風に誘われて、

岩槻にある旧埼玉県立民俗文化センターを訪ねてきました。

 

ここは、さいたま市を舞台に開催されている国際芸術祭「さいたまトリエンナーレ」の会場のひとつになっています。街を散策しながらアートを鑑賞できるのがイベントの特徴ですが、この会場では1カ所で今回最多の14アートプロジェクトを楽しむことができます。

その中で印象に残ったモノを3つご紹介します。ひとつめは「白熊の部屋」。

 

dsc_04301

 

多和田葉子さんの小説に登場する白熊をイメージして作られた空間はモコモコ・フワフワ。小さいころ憧れた自分だけの秘密の小部屋のようです。その中で置かれた本を手に取って眺めるもよし、椅子に座ってしばしぼんやり過ごすもよし。

 

次は「感覚の洗濯」。

 

dsc_03661

 

景観などの問題で、日常から遠ざけられた「洗濯」を、「音楽」「展示」「花見」「写生会」「試着」という5つのテーマで見つめたプロジェクトの取り組みを、映像と展示物で紹介しています。

 

最後は「無題(枕)」。

 

03musuem1

 

知人から「ここは夕暮れ時がおすすめ」と言われたけれど、そのことを実感。回廊に囲まれた中庭を埋め尽くすように置かれた枕、枕、枕。光と風に彩られた木の葉と回廊がアクセントになっていて、光の差し方で表情も変わります。

 

帰り道、岩槻駅へ向かうフリーのシャトルバスの中で、一緒になったご婦人がぽつり、「芸術ってむずかしくてよくわからない」。そう感じている人は多いでしょう。私もその一人。でも捉え方は十人十色。

 

今回アートに触れて感じたのは、生活の中にある音、におい、色などにもっとアンテナをはってみよう、そうすれば日々はもっと楽しくなる、ということでした。それは新しい発見?いえ忘れていた大切なことかもしれません。

 

さいたまトリエンナーレ2016

https://saitamatriennale.jp/

 

期間:9月24日(土)~12月11日(日)

鑑賞無料(一部の公演、上映を除く)

定休日:水曜日(ただし11/23〔水・祝〕は開催、翌11/24〔木〕は閉場)

開催時間:10:00~18:00

開催エリア:与野本町駅~大宮駅周辺、武蔵浦和駅~中浦和駅周辺、岩槻駅周辺

 

 

関連記事

Twitterタイムライン

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
return top