埼玉県内の東照宮や家康の足跡を紹介 「徳川家康 語り継がれる天下人」埼玉県立歴史と民俗の博物館

image003

 

東照大権現坐像(勝願寺蔵)

image005

重要文化財 狩野探幽筆 「東照社縁起絵巻」巻第二(日光東照宮蔵)

image001

「東照大権現像」(德川記念財団蔵、部分)

image007

重要文化財 「住之江蒔絵硯箱」(日光山輪王寺蔵)

 

 

埼玉県立歴史と民俗の博物館

特別展「徳川家康-語り継がれる天下人-」

2016年10月15日(土)~11月27日(日)

 

大正18年、関東に入国した徳川家康は、関ヶ原の合戦を経て、征夷大将軍に任じられ、幕府を開きます。没後には、東照大権現として神格化され、江戸時代を通じて庶民からも尊崇されました。
家康が鷹狩などで訪れたことから、埼玉県内には大小さまざまな東照宮が勧請され、家康にまつわる伝承や伝説が生まれました。本展では、没後400年を記念し、乱世を生き天下泰平を成し遂げた家康の生涯や、ゆかりの名宝を取りあげ、県内の東照宮や家康の足跡を紹介します。

 

休館日:月曜日(ただし11月14日は開館)
観覧料:一般600円

 

問い合わせ 埼玉県立歴史と民俗の博物館

TEL 048-645-8171

http://www.saitama-rekimin.spec.ed.jp/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去の記事

Twitterタイムライン

return top