大人も子供も古美術を楽しめる 埼玉県立歴史と民俗の博物館「くらべる古美術」

「不動明王画像」(当館蔵)1

「不動明王画像」(当館蔵)

県指定文化財「太平記絵巻」巻第二(当館蔵)1

県指定文化財「太平記絵巻」巻第二(当館蔵)

「金銅三鈷杵」(当館蔵)1

「金銅三鈷杵」(当館蔵)

 

埼玉県立歴史と民俗の博物館

くらべる古美術

見て考える美術のひみつ

 

2017年7月15日(土)~8月31日(木)

 

なんとなく知っているつもりだったけれど、美術ってどうやって見たらいいのだろう。

この展覧会では「かたち」、「色」、「モチーフ(何が表現されているか)」、の3つを大きなテーマにさまざまな美術作品をくらべる楽しみを紹介します。

同じ形だけどどこか違うもの、同じ色だけどなにかが違うもの、同じものを表現しているはずなのに、なんとなく印象の違うもの。

くらべることで、美術作品の味わいやおもしろさがきっと見えてきます。へんなかたち、きれいな色、おもしろいモチーフをたくさん見くらべて、美術のひみつを解き明かそう!

 

大人も子供も楽しめる古美術鑑賞

子供たちが楽しく鑑賞しながらクイズに答えていくワークショップなど、夏休みの自由研究にぴったりの仕掛けを用意。

大人も今さら聞けない!?古美術鑑賞の基礎知識をやさしく紹介します。

県指定文化財「太平記絵巻(たいへいきえまき)」や「葛飾北斎筆鯉亀図 (かつしかほくさいひつこいかめず)」など、埼玉県立歴史と民俗の博物館所蔵の名品を多数展示!

 

●休館日 月曜日(7月17日は開館)

●観覧料 一般400円

●問い合わせ  埼玉県立歴史と民俗の博物館

さいたま市大宮区高鼻町4-219 TEL 048-645-8171

http://www.saitama-rekimin.spec.ed.jp/

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去の記事

Twitterタイムライン

return top