映画『漫画誕生』の製作を記念!「北沢楽天歌謡祭」開催

 

「北沢楽天歌謡祭」開催

2018年9月22日(土)プラザノース多目的ホールにおいて

近代漫画の祖といわれる北沢楽天の生涯を映画化した『漫画誕生』の製作を記念し、

昭和の歌番組の様なスタイルで“北沢楽天歌謡祭”が開催されました。

 

司会はアロハ太朗さんと片桐八千代さん。

 

司会は、FM NACK5でおなじみのアロハ太朗こと、さいたま観光大使・漫画家のあらい太朗さんと片桐八千代さん。

“ぼんサイ君”も登場し、2人の軽妙な掛け合いで、プログラムはスタートしました。

 

駒井ゆり子さんのステージ。さすがパリ仕込みの歌声です!伴奏は加藤牧菜さん。

 

トップバッターは、ソプラノ歌手で二期会会員でもある駒井ゆり子さん。加藤牧菜さんの伴奏で、サティ作曲の『あなたが欲しい』を皮切りに、4曲を熱唱し、会場からは流石の大拍手。

 

懐かしいさいたまんぞうさんのステージ。

 

続いては、50代以上に人には懐かしいさいたまんぞうさんのステージ。ほとんどの人はこれしか知らないと思われる『なぜかさいたま』を熱唱。続いて、ほとんど誰もしらないと思われる『津軽海峡冬元気』を、観客を巻き込んで爆唱。会場は、大爆笑に包まれました。

3番目はあらい太郎さんのワンマンステージ。NACK5のMCさながらに、喋りと歌がミックスし、“ほぼ50歳”のあらいさんのキャラクターが存分にが発揮されました。

4番目は片桐八千代さんとアロハ太朗さんのデュエット。観客も巻き込んで『別れても好きな人』を、何となく自信なさそうに歌っていました。

 

「北沢楽天歌謡祭」に向けて結成された『イノサントフー』のステージ。

 

5番目は、この歌謡祭に向けて結成された『イノサントフー』のステージ。グループ名の由来は、楽天の奥さん“いのさん”+フーとのことで、(ボーカル)あらい太朗、(ボーカル+ギター)“エスコルタ”の結城安浩、(ピアノ+サックス)作曲家の住友紀人、(ギター)超絶ギタリスト石本大介。

この4人が奏でるハーモニーは最高でした!

 

全員で『私の青空』の大合唱!

 

最後は、参加者、観客全員で『私の青空』の大合唱。幸せ感いっぱいの歌謡祭でした。

東京国際映画祭『日本映画スプラッシュ部門』に選出された映画「漫画誕生」。

一般劇場公開が待ちきれないですね!

 

 

あらい太朗さんが座長をつとめる講演のお知らせです!

北沢楽天むかしむか~し会

劇団あろは「新しい昔話」三太郎

声のプロフェッショナルが集結!

 

12月15日(土) 14時~

武蔵一宮氷川神社 呉竹荘

予約2,500円/当日3,000円

 

予約
☎︎ 048-663-1541
さいたま市立漫画会館 (9時〜16時半)

 

最新情報は、あらい太朗さんのツイッターへ! ↓

 

 

☆公式スタッフBlog『おおみや写真nikki(日記)』

http://staff.acore-omiya.com/

☆タウン誌『アコレおおみや』配布場所MAP

http://map.acore-omiya.com/

 

関連記事

Twitterタイムライン

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
return top
error: Content is protected !!