箱根 仙石原「ポーラ美術館」で開催中「開館15周年記念展 ピカソとシャガール 愛と平和の讃歌」

acorepo1

箱根 仙石原「ポーラ美術館」で開催中

開館15周年記念展

ピカソとシャガール 愛と平和の讃歌

に行ってきました!

 

神奈川県は箱根町。箱根といえば温泉ですが、美しい自然があふれる地での美術鑑賞もおすすめですよ。今回は、仙石原のポーラ美術館で3月18日(土)から9月24日(日)まで開催している「ピカソとシャガール 愛と平和の讃歌」展に行ってきました。

 

写真21

ガラスの入り口を入り、エスカレーターで下に降りていきます。パリのルーブル美術館みたい?なんて思いながら。

写真31

写真41

 

20世紀を代表する芸術家パブロ・ピカソとマルク・シャガール。

色彩を押さえ形態を複数の視点から捉える「キュビズム」をジュルジュ・ブラックと共に創始、力強い線描により対象を激しくデフォルメする「破壊と創造の画家」として知られるピカソ。

鮮やかな色彩を用い絵画を光で満たし、自身の人生や故郷の風景を主題に抒情性と幻想性に満ちた独自の作風を創り上げたシャガールは、「物語と色彩の画家」といわれます。

ピカソはスペイン生まれ。シャガールはロシア帝国統治下にあったヴィテブスク生まれ。ともに20世紀の戦争と混乱の中で、生涯にわたり繰り返し故郷を描き続けます。そこは2人に共通するところ。

一方、家族や恋人など愛する人の姿を画面の中で変容させて描いているところは同じようですが、「愛」へのアプローチは対照的。

生物のモティーフと恋人の肖像が融合した作品など、さまざまな手法で対象のボリュームを客観的に捉え、即物的な形態へと変容させていったピカソに対し、シャガールは自らの化身である恋人たちの幸せな姿を色鮮やかな花や鳥たちとともに幻想的な情景に創り上げています。

今回は、そんな2人の共通点や違いに着目し、作品を対話させるかのように展示するという、世界にも例を見ない試みなのだそうです。

前衛芸術の中心パリを拠点にそれぞれ独自のスタイルを切り拓いていった2人が親しかった時期があったことも、今回初めて知りました。

全部で約80点の作品が展示されています。ピカソとシャガールを両方楽しめるなんて、とても贅沢な美術展ですよね。

 

写真51

 

今回の美術展ですごいのは、幅6メートルを越える巨大なタペストリーの展示。ピカソ、シャガールそれぞによる、戦争の不条理に対する怒りや絶望を表明し平和への願いを込めて制作した大型作品を、タペストリー作家が卓越した技術による織物で表現した大作。これは圧巻です。この写真ではちらっとしか見えませんが、ぜひ現地に足を運んで、作者の深い思いを目の前で体感してみてくださいね。

展示期間は
「ゲルニカ(タピスリ)」原画:パブロ・ピカソ 1983年、群馬県立近代美術館:3月18日~5月11日
「ミノタウロマキア」 原画:パブロ・ピカソ 1982年、彫刻の森美術館:5月13日~9月24日
「平和」原画:マルク・シャガール 2001年、個人蔵:全会期

 

写真61

同時開催の「日本の化粧道具と洋画でひもとく よそおいの近代」展も、おすすめですよ。幕末から昭和にかけての日本の化粧道具コレクションや雑誌などの資料約150点を展示。近代におけるよそおいの歴史や美意識の変遷を紹介しています。

写真71

 

近代の美人画、美しいですよ~。展示を見て、現代のように便利な世の中ではなかっただけに、美に対する感覚が鋭かったのかもしれないなあと思いました。

レストラン「アレイ」では、ピカソとシャガールの故郷であるスペインとロシアの地をイメージした彩り豊かな特別メニュー「太陽の食卓」を提供しています(税込2810円)。美術鑑賞とセットで優雅な時間に浸るのもいいですね。また、ミュージアムショップでは本店を記念したマグカップやTシャツ、フルーツゼリーなどオリジナルグッズも販売していますから、

おみやげもしっかりゲットできます。

ポーラ美術館のまわりはブナやヒメシャラなどが広がる富士箱根伊豆国立公園。森の遊歩道があり、散策を楽しめます。今回は時間がなく行かれなかったのですが、次回はぜひ森の中を歩きたいな。きっとまた近いうちに来ようと心に誓うのでした。

 

 

ポーラ美術館

「ピカソとシャガール 愛と平和の讃歌」展

2017年3月18日(土)~9月24日(日)
開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
*会期中無休
入館料:大人1800円

 

ticket_omote_2ko

 

お問い合わせ ポーラ美術館

神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285
TEL:0460-84-2111
http://www.polamuseum.or.jp/

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去の記事

Twitterタイムライン

return top