西洋絵画の普及に努めた原田直次郎 埼玉県立近代美術館「原田直次郎展 西洋画は益々奨励すべし」

1埼玉県立近代美術館

 

原田直次郎《靴屋の親爺》1886年 重要文化財 東京藝術大学所蔵

moma

 

埼玉県立近代美術館

原田直次郎展 西洋画は益々奨励すべし

 

西洋絵画の普及に努め、36歳で夭折した原田直次郎の約100年ぶりの回顧展。幼い頃から西洋文化に触れて育ち、美術アカデミーで研鑽を積み、留学先のドイツで出会った森鷗外と友情を結び、小説「うたかたの記」のモデルにもなっている。初期から晩年にいたる作品や資料とともに、その軌跡をたどる。

 

2016年2月11日(木・祝)~3月27日(日)

※会期中に一部展示替えがあり。
●一般 1,100円
●休館日 月曜日(3月21日は開館)
●問い合わせ 048-824-0111

http://www.pref.spec.ed.jp/momas/

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去の記事

Twitterタイムライン

return top