至高のポスターデザインを堪能「カッサンドル・ポスター展 グラフィズムの革命」埼玉県立近代美術館

kin01

http://www.pref.spec.ed.jp/momas/

kin02

 

埼玉県立近代美術館

カッサンドル・ポスター展

グラフィズムの革命

 

フランスで活躍した 20 世紀を代表するグラフィックデザイナー・カッサンドル。キュビスムやバウハウスから影響を受け、1920年代に制作した幾何学的でダイナミックなポスターは、時代の先駆的な表現として、グラフィックデザイン界に「革命」とも言うべき大きなインパクトをもたらした。カッサンドルのポスターに共通する壮観な構図とスピード感は、機械と大量消費の時代をまさに体現していた。1930 年代に入ると、アメリカでファッション雑誌『ハーパーズ・バザー』の表紙を手がけるなど、芸術家として活動の舞台をさらに広げていった。本展覧会では、2018 年に没後 50 年を迎えるカッサンドルの仕事を、ファッションブランド「BA-TSU」の創業者兼デザイナーである故・松本瑠樹氏が築いたコレクションを通して紹介する。保存状態の良好なポスターの代表作や、直筆の貴重なポスター原画を含む、国内ではおよそ 20 年ぶりの回顧展で、カッサンドルが到達した至高のポスターデザインを堪能したい。

 

2017年2月11日(土・祝)~3月26日(日)

休館日:月曜日(3 月20日は開館) 観覧料:一般1000円

 

問い合わせ 埼玉県立近代美術館

さいたま市浦和区常盤 9-30-1

電話 048-824-0111 http://www.pref.spec.ed.jp/momas/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去の記事

Twitterタイムライン

return top