版画表現の可能性を追い求めた熱気を今に伝える「版画の景色 現代版画センターの軌跡」埼玉県立近代美術館


元永定正《白い光が出ているみたい》1977 年|シルクスクリーン、紙
|現代版画センターエディション|所蔵:ときの忘れもの/有限会社ワタヌキ

444_靉嘔《大きな透明な木》1

 関根伸夫《おちるリンゴ》1975 年|シルクスクリーン、紙|現代版画センターエディション
|所蔵:ときの忘れもの/有限会社ワタヌキ
042_島州一《ゲバラ》1
島州一《ゲバラ》1974 年|シルクスクリーン、布|現代版画センターエディション

078_関根伸夫《おちるリンゴ》1

 関根伸夫《おちるリンゴ》1975 年|シルクスクリーン、紙
|現代版画センターエディション|所蔵:ときの忘れもの/有限会社ワタヌキ

 

 

埼玉県立近代美術館

版画の景色 現代版画センターの軌跡

 

「版画」というメディアの特性を生かし、その普及と育成を目ざして誕生した「現代版画センター」(1974-85)。10 年あまりの活動の中で、およそ 80 人におよぶ美術家と700 点を超える作品を世に送り出し、同時代の美術の一角を牽引した。版画表現の可能性を追い求めた時代の熱気を今に伝える活動を紹介。

 

  • 2017年1月16日(火)~3 月25日(日)※会期中に一部展示替えがあり
  • 一般 1,000 円
  • 休館日 月曜日(2 月 12 日は開館)
  • 問い合わせ 電話 048-824-0111
  • http://www.pref.spec.ed.jp/momas/

 

☆タウン誌『Acoreおおみや』配布場所MAPはこちら 

http://map.acore-omiya.com/

 

関連記事

Twitterタイムライン

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
return top