天才の生み出した傑作が初来日 ミケランジェロと理想の身体 国立西洋美術館

《プットーとガチョウ》 1世紀半ば ヴァチカン美術館蔵 61×63×44cm 大理石

Città del Vaticano, Musei Vaticani

《ダヴィデ=アポロ》 ミケランジェロ・ブオナローティ

1530年頃 フィレンツェ、バルジェッロ国立美術館蔵 高さ147cm 大理石

Firenze, Museo Nazionale del Bargello /

On concession of the Ministry of cultural heritage and tourism activities

《若き洗礼者ヨハネ》 ミケランジェロ・ブオナローティ 

1495-96年 ウベダ、エル・サルバドル聖堂、ハエン(スペイン)、

エル・サルバドル聖堂財団法人蔵 高さ130cm 大理石

Úbeda, Capilla del Salvador; Jaén (Spain), Fundacion Sacra Capilla del Salvador

 © Ministero per I Beni e Le Attività Culturali e del Turismo, Opificio Delle Pietre Dure

 

 

天才の生み出した傑作が初来日

ミケランジェロと理想の身体

2018年6月19日(火)~2018年9月24日(月・休)

国立西洋美術館

 

彫刻、絵画、建築のすべての分野で名をなし「神のごとき」と称された天才、ミケランジェロ・ブオナローティ。

二十代前半に完成させたサン・ピエトロ大聖堂の《ピエタ》、フィレンツェ共和国の象徴とされる巨大な《ダヴィデ》など、その卓越した技と美意識が表現された大型彫刻作品は、各地で至宝とされています。

そのため、ミケランジェロの展覧会は、これまで日本では実現がきわめて困難でした。

本展は、《ダヴィデ=アポロ》《若き洗礼者ヨハネ》という世界に約40点しか現存しないミケランジェロの大理石彫刻のうちの傑作2点を核に、古代ギリシャ・ローマとルネサンスの作品70点の対比を通して、両時代の芸術家が創りあげた理想の身体美の表現に迫ります。

 

《男性頭部の習作》 バッティスタ・フランコ 1556 -57年 フィレンツェ、ホーン美術館蔵

 20.8×18.1cm 黒の石墨、白チョーク/白色の紙 Firenze, Museo Horne

《ラオコーン》 ヴィンチェンツォ・デ・ロッシ 1584年頃 

ローマ、個人蔵、ガッレリア・デル・ラオコーンテ寄託 191×145×68cm 大理石

Roma, Private Collection, Courtesy of Galleria del Laocoonte. © D’APPOLLONIO PHOTOGRAPHY

 

ミケランジェロと理想の身体

休館日:月曜日、7月17日(火)(ただし、7月16日(月・祝)、8月13日(月)、9月17日(月・祝)、9月24日(月・休)は開館)

観覧料:一般1,600円

問い合わせ:03-5777-8600(ハローダイヤル)

https://artexhibition.jp/michelangelo2018/

 

AcoreおおみやWEBサイトをお読みの方

5組10名様にチケットをプレゼントします!

 

住所、氏名、年齢、電話番号、Acoreへの感想を明記の上、
件名「国立西洋美術館 チケット希望」
acore01@gmail.com 宛にご応募ください。(応募締切2018年6月30日必着)

 

☆公式スタッフBlog『おおみや写真nikki(日記)』

http://staff.acore-omiya.com/

☆タウン誌『アコレおおみや』配布場所MAP

http://map.acore-omiya.com/

 

※掲載画像の無断転載・複製を一切禁じます。

 

関連記事

Twitterタイムライン

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
return top