『時代(いま)を映す』メディア芸術作品を体験できる13日間「第20回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展」

P10209621

 

http://j-mediaarts.jp/

P10209201

Alter 《Alter》制作チーム(代表:石黒浩/池上高志)

命を持ったかのような複雑な動きをするアート部門優秀賞のロボット『Alter』は必見!VRやゲームなどの体験型の作品も展示します。

P10209411

デジタルシャーマン・プロジェクト 市原えつこ

P10209631

Interface I Ralf BAECKER

P10209541

A Love Story Anushka Kishani NAANAYAKKARA

受賞者等が出演するシンポジウム、トークイベント、パフォーマンス、ワークショップ等、多数の関連イベントを開催します。

P10209351

映画『聲の形』 山田尚子

エンターテインメント部門大賞の映像作品『シン・ゴジラ』、アニメーション部門大賞の劇場アニメーション『君の名は。』の上映会が決定。その他、アニメーションや実写等、多様な映像作品をスクリーンで上映します。

 

 

第20回文化庁メディア芸術祭

受賞作品展

2017年9月16日(土)~9月28日(木)

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]、

東京オペラシティ アートギャラリー 他

入場料無料

 

第20回文化庁メディア芸術祭には、アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門に世界88の国と地域から4,034作品の応募がありました。

受賞作品展では、多様な表現形態を含む受賞作品と、功労賞受賞者の功績を一堂に展示するとともに、シンポジウムやトークイベント、ワークショップ等の関連イベントを実施します。国内外の多彩なクリエイターやアーティストが集い、“時代(いま)を映す”メディア芸術作品を体験できる貴重な13日間です。

 

P10209471

BLUE GIANT 石塚真一

マンガやアニメーションの貴重な関連資料等も展示します。

 

詳細は公式HPへ ↓

http://festival.j-mediaarts.jp/exhibit/outline/

http://j-mediaarts.jp/

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去の記事

Twitterタイムライン

return top