紫式部やマリー・アントワネットなど、13人の歴史に残る女性たちの振袖も 草乃しずか展~煌く絹糸の旋律~

Print

 

振袖「エカテリーナ」(部分)帯「唐花文錦」 草乃しずか作 撮影:中村淳

111

四ツ目に向かい蝶 草乃しずか作 撮影:中村淳

071

振袖『出雲阿国』(部分)草乃しずか作 撮影:中村淳

141

カーテン「風の蝶」(部分)草乃しずか作 撮影:中村淳

 

 

紫式部やマリー・アントワネットなど、

13人の歴史に残る女性たちの振袖も

 

草乃しずか展~煌く絹糸の旋律~

松屋銀座8階イベントスクエア

2017年12月27日(水)~2018年1月15日(月)

 

イギリス・エディンバラや台湾・国立国父記念館など、海外での展覧会でも、完成されたアート作品として高い評価を受けている日本刺繍作家の草乃しずかさん。

本展では、これまでの代表作に加え、草乃しずかさん独自の歴史観を取り入れた新作など、約200点を展観します。特に注目は“日本刺繍の技法”を駆使した日本の伝統模様110点と、“心に着せて”をテーマにした、出雲阿国や紫式部、マリー・アントワネット、マリア・テレジアなど、13人の歴史に残る女性たちの振袖です。

「今回は、私なりに日本の歴史を深く感じ取り、刺繍によって日本古来の文様を表現することに挑戦しました。繍仏から始まり、服飾美術としての刺繍、そして今日のアートとしての刺繍へと移り変わってきた文様は、私自身の創作の変遷ともつながっています。」と語る草乃しずかさん。心の深いところが震えるようなアート作品を、是非お楽しみ下さい。

 

  • 松屋銀座8階イベントスクエア(中央区銀座 3-6-1)
  • 1月1日(祝・月)は休業
  • 入場料  一般 1,000 円 他
  • 問い合わせ先  03-3567-1211(松屋銀座大代表)

 

AcoreおおみやWEBサイトをお読みの方

5組10名様にチケットをプレゼント!

 

住所、氏名、年齢、電話番号、Acoreへの感想を明記の上、
件名「草乃しずか展チケット希望」
acore01@gmail.com 宛にご応募ください。(応募締切12月20日消印)

 

※掲載画像の無断転載・複製を一切禁じます。

 

☆タウン誌『Acoreおおみや』配布場所MAPはこちら ↓

http://map.acore-omiya.com/

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去の記事

Twitterタイムライン

return top