大宮から『口琴』文化を広げる「彩の国大宮口琴倶楽部」大宮公園内発掘現場付近で演奏

P10006721

 

昨年、老舗喫茶店「伯爵邸」で口琴エスニックサウンド「東京マンガ」のライブを開催

 

「彩の国大宮口琴倶楽部」

発足記念演奏

 

2017年4月2日(日) 午前11時~11時半

大宮公園内口琴発掘現場付近(県営大宮球場入口付近)

 

「彩の国大宮口琴倶楽部」は、世界最古の口琴が初めて発見された大宮から埼玉発の文化として口琴を全国に広めていこうという趣旨で今年1月に結成されました。

1989年、氷川神社東遺跡(現・県営大宮球場チケット売り場付近)から、世界最古の金属製口琴(平安時代)2点を発掘。2011年には羽生市屋敷裏遺跡で同時期の口琴1点を発掘。現在、国内で発掘された金属製口琴はこの3例だけです。

「彩の国大宮口琴倶楽部」結成記念イベント第1弾として1月17日、大宮駅東口の老舗喫茶店「伯爵邸」でエスニックサウンド「東京マンガ」のライブを開催。

今回は、世界最古の口琴の音色を響かせ古(いにしえ)の人々を偲び、敬意を表する演奏を発掘現場付近で行うものです。

 

演奏者:直川礼緒氏(日本口琴協会代表)・大宮おっさん口琴楽団、ほか

演奏曲:「さくらさくら」ほか

主催:彩の国大宮口琴倶楽部 協力:日本口琴協会

 

P10006941

☆当日(4月2日)、午後3時から4時まで、大宮駅東口銀座通りで、直川礼緒氏、竹原幸一氏(インド口琴奏者)、「東京マンガ」ほかによる口琴エスニックサウンドの無料ライブがありますので、お立ち寄りください!

DSC_00511

「氷川マルシェ」にて 直川礼緒氏夫妻、大宮おっさん口琴楽団

 

1月、老舗喫茶店「伯爵邸」で行った「東京マンガ」のライブの様子です ↓

http://acore-omiya.com/haks/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去の記事

Twitterタイムライン

return top