日本では過去最多、待望のクリムト展「クリムト展 ウィーンと日本1900」東京都美術館

クリムト展 ウィーンと日本 1900 東京都美術館

 

クリムト展 ウィーンと日本 1900

グスタフ・クリムト《ベートーヴェン・フリーズ》(部分)
1984年(原寸大複製/オリジナルは1901-1902年) 
ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館 © Belvedere, Vienna

 

クリムト展 ウィーンと日本 1900 ベートーヴェン・フリーズ

グスタフ・クリムト《ベートーヴェン・フリーズ》(部分)
1984年(原寸大複製/オリジナルは1901-1902年) 
ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館 © Belvedere, Vienna

 

 

東京都美術館

クリムト展 ウィーンと日本 1900

 

東京では約30年ぶりとなる待望のクリムト展

グスタフ・クリムト(1862~1918)は、19 世紀末から20 世紀初頭の世紀末にウィーンで活躍した画家です。

写実的でアカデミックな画風から出発したクリムトは、やがて金箔を多用する「黄金様式」の時代を経て、ウィーン・モダニズムの旗手として活躍しました。

無垢な少女、魔性の女、運命の女…様々な魅力を描き出した華麗な女性像は、国内外で圧倒的な人気を誇ります。

本展は、2018 年のクリムトの没後 100 年、2019 年の日本とオーストリアの友好 150 周年を記念して開催。日本では過去最多となる25点以上のクリムトの油彩画が揃います。

クリムトが手がけた全長 34mにも及ぶ壁画《ベートーヴェン・フリーズ》の精巧な複製も来日。さらに、縦横約170cmと壁画などを別にすればクリムト最大の絵画のひとつ、ローマ国立近代美術館所蔵の《女の三世代》が日本初公開です。

ウィーン世紀末美術の精華をご覧ください。

 

クリムト展 ウィーンと日本 1900 東京都美術館

グスタフ・クリムト《ユディトⅠ》
1901年 
ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館 © Belvedere, Vienna, Photo: Johannes Stoll

 

 

クリムト展 ウィーンと日本 1900

会期:2019年4月23日(火)〜 7月10日(水)

会場:東京都美術館 企画展示室

開室時間 : 9:30~17:30(金曜日は 20:00 まで) ※入室は閉室の 30 分前まで

休室日:5月7日(火)、20日(月)、27日(月)、6月3日(月)、17日(月)、7月1日(月)

問い合わせ:03-5777-8600(ハローダイヤル)

観覧料:一般 1,600円

https://klimt2019.jp

 

AcoreおおみやWEBサイトをお読みの方

抽選で5組10名様に整理券をプレゼントします!

 

住所、氏名、年齢、電話番号、Acoreへの感想を明記の上、
件名「クリムト展 チケット希望」
acore01@gmail.com 宛にご応募ください。(応募締切4月28日)

 

※掲載画像の無断転載・複製を一切禁じます。

 

☆公式スタッフBlog『アコレおおみや写真nikki(日記)』

http://staff.acore-omiya.com/

☆タウン誌『アコレおおみや』配布場所MAP

http://map.acore-omiya.com/

 

関連記事

Twitterタイムライン

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
return top
error: Content is protected !!