海か、山か、芸術か?「KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭」開催概要発表会

42

 

http://www.kenpoku-arthackday.com/

 

210538

51

kenpoku1

フォトセッション

 

2015年9月30日(水)上野精養軒

「KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭」

開催概要発表会へ

開催テーマ「海か?山か?芸術か?」

 

2016年秋、日立、常陸太田、高萩、北茨城、常陸大宮、大子の6市町を舞台に「茨城県北芸術祭」が開催される。県北は、美しい太平洋の海原と、豊かな里山の自然に恵まれた地域。また一方で、この地域では早くから炭鉱や鉱山が開かれ、明治期には基幹産業やインフラが発展し、現代にいたるまで日本の経済と近代化を担ってきた。さらに、県内には筑波大学や様々な研究機関が所在し、科学万博が開催されるなど、科学・技術とも深い関わりがある。
この芸術祭では、自然と対話するアート、科学・技術を利用した先進的なアートに焦点を当て、さらに、他分野の人々と共同で作品を創り出すアートハッカソン、県内の産業とのコラボレーション、県独自のアーティスト滞在プログラム“ARCUS”との協働、県内諸大学との連携など、地域に根ざした創造活動を実践する。会期は来年9月17日から同11月20日の65日間で、国内外のアーティストによる約80の作品を制作・展示し、広大な県北を舞台に、日本最大規模となる国際的な芸術祭。

 

 

さいたま初の国際芸術祭「さいたまトリエンナーレ2016」とほぼ同時期に開催される「KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭」です。名称の「ケンポク」って響きが親しみやすくてかわいい。とっても勉強になりました☆6市町を開催地にしちゃうなんてすごい。決められた時間で自身のスキルを使い制作する参加型イベント「アートハッカソン」も気になります。「KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭」のテーマソングを担当するのは、やくしまるえつこさん。はやく聴いてみたいですね☆「地域に根ざした「今ここで」なければ生まれてこない独自の芸術祭にしたい」と語るのは総合ディレクターを務める森美術館長の南條史生氏。美しい自然と最先端の科学技術をもっている「KENPOKU」、どのようにアートと繋いでゆくか、開催したらいってみよう!

 

KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭

会場:茨城県北地域6市町(日立市、常陸太田市、高萩市、北茨城市、常陸大宮市、大子町)

公式ホームページ:http://www.kenpoku-arthackday.com/

 

 

 

 

 
リニューアルしました!今までの記事はこちらをご覧下さい ↓

Acoreおおみや WEBサイト http://acore-omiya.net/

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去の記事

Twitterタイムライン

return top