鉄道のまち「さいたま」が舞台 映画「ジオラマガール」披露「岩槻映画祭2018」

 

映画支援プロジェクト関係者のみなさん

 

鉄道のまち

「さいたま」が舞台

映画「ジオラマガール」が披露される

岩槻映画祭2018

 

さいたま市民の映像文化の祭典「岩槻映画祭」が5月12、13日、市民会館いわつきにて開催されます。

約100作品から約20本の入選作品を上映し、さいたま市や岩槻区・埼玉県を舞台、題材とした短編映画の「地域コンペ部門」や、監督出演者による舞台挨拶などが行われます。

今年は地元グルメや体験型ワークショップなどが楽しめる「丘の上のシネマルシェ」が、会場の市民会館いわつきに隣接した「丘の上公園(児童公園)」で岩槻映画祭と同時に開催されます。小さな子供も遊べるスーパーボールすくいなど50種類以上のメニューを用意。

エンタメLIVEステージではアイドルライブ・アコースティックライブ・DJパフォーマンスなどが無料で鑑賞でき、ファミリーみんなで楽しめます。

 

注目のひとつは、「鉄道の街、さいたま」をキーワードにした映画「ジオラマガール エピソードゼロ」。

さいたま市を舞台に女子高校生が「鉄道模型甲子園」を目指す姿を描く青春映画で、

かつてさいたまと川口を結んだ「武州鉄道」を題材にする予定で、世代を超えて楽しめる作品を目指しました。

制作費用の一部はインターネットで資金を募る「クラウドファウンディング」で支援を呼びかけ達成に成功。

5月13日、特別作品として上映されます。

総合プロデューサーで、映像制作を手がける吉永篤史さんは「「岩槻映画祭」は、地元ではかなり浸透してきました。5回目を迎えた今年は、岩槻を超えて、全国でも勝負できるような映画を生み出したい。」と意気込みます。

 

チケットは2日間通しで、1200円。小学生以下は無料です。今週末は、お人形のまち、文化のまち岩槻で「映画祭」を体感しましょう。

 

岩槻映画祭

2018年5月12日(土)13日(日)

会場・市民会館いわつき

 

 

映画「ジオラマガール」クラウドファンディング達成祈念カウントダウンイベント『Village鉄道ナイト』。

2月、「春日部Village」にて映画支援プロジェクト関係者のみなさんと盛り上がりました。

 

持ち込みの鉄道模型も!

 

詳細は「岩槻映画祭」公式ホームページへ ↓

https://festival.movie.saitama.jp/

 

今週末は「岩槻映画祭2017」!地域活性化をテーマに『漫画誕生』のトークショーも

 

足湯に浸りながらシネマ!「岩槻キャンドルシネマナイト」@岩槻映画祭プレイベント

 

☆タウン誌『アコレおおみや』配布場所MAPはこちら ↓

http://map.acore-omiya.com/

 

関連記事

Twitterタイムライン

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
return top