【囲碁さくらぎ】人知れず描かれた昭和の鉄道のまちが壁画に 

 

 

ビルの内側に描かれた壁画はめずらしい

人知れず描かれた昭和の鉄道のまちが壁画に

囲碁さくらぎ

 

大宮駅西口から5分ほど歩くと小さなビルがある。そのビルには3階まで壁全体に、昭和30年頃の国鉄の大宮工場や東口商店街、大宮公園など大宮駅界隈の風景が丹念に描かれている。2階にある碁会所「囲碁さくらぎ」のオーナー、故望月高博さんが30年かけて完成させたものだ。不思議な郷愁に誘われる空間が広がっている。

 

レトロ感漂う壁画。商店街『一番街』がある

大宮公園の中の小動物園

まだ描きかけの絵も

大宮の今と昔が描かれている。大宮の隠れた「名所」のひとつだ。

 

囲碁さくらぎ

さいたま市大宮区桜木町2丁目229

℡ 048-641-8803

 

 

☆公式スタッフBlog『おおみや写真nikki(日記)』

http://staff.acore-omiya.com/

☆タウン誌『アコレおおみや』配布場所MAP

http://map.acore-omiya.com/

 

関連記事

Twitterタイムライン

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
return top