「大宮ふるさと絵本づくり」2021年に完成予定 大宮の昔の記憶を形に残す

 

大宮の昔の記憶を形に残す

「大宮ふるさと絵本づくり」キックオフ

2021年に完成予定

 

昨年10月、大宮ソニックシティで、大宮地域の自然や暮らし、文化を語り継ぐ「大宮ふるさと絵本づくり」のキックオフイベントが行われ、シニア世代を中心に77名が参加しました。

 

 

大宮ふるさと絵本づくり 大宮 絵本 環境省 つなげよう支えよう森里川海プロジェクト

 

この活動は、環境省の「つなげよう、支えよう森里川海プロジェクト」の一環で、地域の方の五感体験をもとに、昔の記憶を手繰り寄せながら、荒川から大宮台地の人々の営み、現代に続く文化などを、約2年かけて一冊の絵本にまとめるものです。

絵本づくりは、地域へのアンケートや聞き取り調査、マップ作成といった流れで進められます。

 

 

大宮ふるさと絵本づくり 大宮 絵本 環境省 つなげよう支えよう森里川海プロジェクト

日本民俗芸能協会の西角井正大会長の特別講話

 

イベントでは、日本民俗芸能協会の西角井正大会長の特別講話が行われ、大宮アルディージャの地元選手、大山啓輔さんからの応援ビデオメッセージも披露されました。

参加者は熱心に「五感体験アンケート」のワークショップに取り組みました。

 

大宮ふるさと絵本づくり 大宮 絵本 環境省 つなげよう支えよう森里川海プロジェクト

大宮アルディージャの地元選手、大山啓輔さんからの応援ビデオメッセージ

 

大宮ふるさと絵本づくり 大宮 絵本 環境省 つなげよう支えよう森里川海プロジェクト

「大宮ふるさと絵本づくり」絵本製作委員会のみなさん。左が代表の今井良治さん

 

大宮ふるさと絵本づくり 大宮 絵本 環境省 つなげよう支えよう森里川海プロジェクト

 

絵本製作委員会代表の今井良治さんは「やっと第一歩を踏み出せました。大宮の昔の記憶を形に残したい。絵本を通じて、子どもたちや若い世代に、地域の自然を身近に感じてほしい」と語りました。

 

大宮ふるさと絵本づくり 大宮 絵本 環境省 つなげよう支えよう森里川海プロジェクト

大宮ふるさと絵本づくり 大宮 絵本 環境省 つなげよう支えよう森里川海プロジェクト

大宮ふるさと絵本づくり 大宮 絵本 環境省 つなげよう支えよう森里川海プロジェクト

五感体験アンケートでは、「大宮おどりをみんなで踊りたい」「武蔵一宮氷川神社の砂利の音」「武蔵野うどん」と懐かしい体験談やキーワードが飛び交いました

 

世代間交流を育む制作工程として、2020年も活発にイベントを開催します。

問い合わせや詳細は、西区、北区、見沼区、大宮区の区役所コミニティ課へ。

 

大宮ふるさと絵本づくり 大宮 絵本 環境省 つなげよう支えよう森里川海プロジェクト

参加者全員で集合写真

 

環境省の「つなげよう、支えよう森里川海プロジェクト」ホームページ

https://www.env.go.jp/nature/morisatokawaumi/

 

 

☆タウン誌『アコレおおみや』配布場所MAP☆

http://map.acore-omiya.com/

☆公式スタッフBlog『アコレおおみや写真nikki(日記)』

http://staff.acore-omiya.com/

☆スタッフ私的Blog『アートと、着物と、さいたまと』

https://www.namineko.com/

 

関連記事

Twitterタイムライン

最新号!アコレおおみやno.45 1月7日発行

スタッフブログ おおみや写真nikki(日記)

アコレおおみや配布場所MAP

 

スタッフ私的ブログ「アートと、着物と、さいたまと」namineco nami

return top
error: Content is protected !!