この職人の道を歩いてきてよかった 芙蓉園・小棚明生さん『世界盆栽大会』に向けて 

 

芙蓉園・小棚明生さん

DSC_01761

 

芙蓉園 小棚明生さん

この職人の道を歩いてきてよかった

 

ー世界盆栽大会に向けて

まもなく100年を迎える「大宮盆栽村」は、さいたまが誇るBONSAI文化の中心地。

個性さまざまな盆栽園の伝統継承者に話を伺いました。

 

盆栽園の修業期間は大体5年と言われています。芙蓉園はさらに1年長いのです。職人として完成ということはないので、生涯修業だと思っています。独り立ちをして園を経営していく道もあれば留まってもっと自分を磨いて力を蓄える選択もあります。大学を中退して当初は親に心配を掛けましたが、この道を歩いてきてよかったと納得しています。

 

 

小棚明生(こたな・あきお)プロフィール

芙蓉園勤務。1983年生まれ。三郷市で育つ。大学で電気工学を学んでいたが盆栽町で盆栽に出合ったことで人生が切り替わる。大学を中退し芙蓉園に弟子入り。6年の修業を経て技芸を習得。良き伴侶も得てさらに精進している。

 

IMGP19111

IMGP19351

IMGP19531

IMGP19241

IMGP19621

芙蓉園

さいたま市北区盆栽町96 電話 048-666-2400

 

世界盆栽大会inさいたま http://world-bonsai-saitama.jp/

関連記事

Twitterタイムライン

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
return top