アニメーション映画「氷川丸ものがたり」を上映 さいたま市長達と意見交換

 

「氷川丸ものがたり」ポスタービジュアル (c)氷川丸ものがたり製作委員会

https://www.facebook.com/hikawamaru2015

 

DSC_00551

清水勇人さいたま市長らと意見交換

 

2015年8月10日(月) 市民会館おおみや

長編アニメーション映画「氷川丸ものがたり」を上映

 

今年で建造85周年を迎える、大型貨客船氷川丸を描いた長編アニメーション映画「氷川丸ものがたり」の上映会が行われました。一部は、コミュニケーションアートの製作活動をしている「はせがわファミリー」による氷川丸の歴史を語り継ぐ朗読ライブ、二部は「氷川神社と氷川丸」を主題に、話し合いが行われました。

氷川丸は、昭和初期にアメリカ間を結ぶ貨客船として活躍し、戦時中は海軍特設病院船となり、その後は引き揚げ船などとして利用され、現在は役目を終えて横浜市にある山下公園で係留されています。船名は武蔵一宮氷川神社に由来し、神棚には氷川神社の祭神が勧請されています。

話し合いには、さいたま市長の清水勇人氏、武蔵一宮氷川神社権宮司の東角井真臣氏、埼京東和薬品代表取締役社長の関勝氏、さいたま観光国際協会会長の清水志摩子氏が出席。さいたま市の観光開発や、氷川神社、大宮公園周辺の地域づくりに話を交わしました。

「氷川丸ものがたり」は、昭和という激動の時代を背景に、戦争を切り抜け、船の上の人々が織りなすドラマを描いています。今後は、劇場公開を経て、公民館や学校での地域上映の活動が続けられます。

 

DSC_00151 DSC_00291

「はせがわファミリー」による氷川丸の歴史を語り継ぐ朗読ライブ

DSC_00931

清水勇人さいたま市長

DSC_00911

武蔵一宮氷川神社権宮司の東角井真臣氏

DSC_007235

埼京東和薬品代表取締役社長の関勝氏

DSC_01121

さいたま観光国際協会会長の清水志摩子氏

 

 

「氷川丸ものがたり」実行委員会 https://www.facebook.com/hikawamaru2015

 
リニューアルしました!今までの記事はこちらをご覧下さい ↓

Acoreおおみや WEBサイト http://acore-omiya.net/

 

関連記事

Twitterタイムライン

スタッフブログ おおみや写真nikki(日記)

アコレおおみや配布場所MAP

アコレおおみや タウン誌 大宮 さいたま

 

スタッフ私的ブログ「アートと、着物と、さいたまと」namineco nami

return top
error: Content is protected !!