【武蔵一宮氷川神社】太平洋戦争後70年の年に 戦艦「武蔵」の顕彰碑

大宮 氷川神社 戦艦武蔵

 

大宮 氷川神社 戦艦武蔵

10月24日に除幕式が行われた

 

武蔵一之宮氷川神社 氷川神社 大宮 戦艦武蔵

除幕式には約130人が出席

 

2015年10月24日

戦艦「武蔵」の顕彰碑が

武蔵艦内にご神体を分祀した武蔵一宮氷川神社に建立

 

第2次世界大戦中の1944年10月、フィリピンのシブヤン海に沈没した旧日本海軍の戦艦「武蔵」の顕彰碑が、武蔵艦内にご神体を分祀した武蔵一宮氷川神社に建立され、10月24日に除幕式が行われました。

大宮の地名の由来にもなった「武蔵」を後世に伝えようと県内の有志が中心となって、「戦艦武蔵顕彰会」(会長・新藤享弘元大宮市長)が発足。顕彰祭の実施、顕彰碑の建立を目的として活動してきました。

除幕式には元乗組員や遺族、武蔵とみられる船体を発見した米資産家の調査チーム関係者など約130人が出席。巫女舞が奉納されたほか、軍楽隊員だった元乗組員の種村二良さんがトランペットを演奏しました。

新藤会長は「今年は太平洋戦争後70年の節目の年。平和が大切かということを伝えていきたい」。氷川神社の東角井真臣権宮司は「神社が戦争の悲惨さを発信する場所の一つと考え、若い方たちにも神社に足を運んでいただきたい。」と述べました。

 

戦艦武蔵顕彰会 http://www.musashi-hikawa.org/

 

武蔵一之宮氷川神社 氷川神社 戦艦武蔵

奉納の巫女舞

 

DSC_02921

DSC_02651

武蔵一之宮氷川神社 氷川神社 戦艦武蔵

軍楽隊員だった元乗組員の種村二良さんがトランペットを演奏

 

氷川神社 お宮 戦艦武蔵 問相原謙次

「戦艦大和」会顧 問相原謙次氏

 

武蔵一之宮氷川神社 大宮 清水園 戦艦武蔵

除幕式のあと大宮清水園にて記念講演会・祝賀会が行われた

 

DSC_02291

 

リニューアルしました!今までの記事はこちらをご覧下さい ↓

Acoreおおみや WEBサイト http://acore-omiya.net/

 

関連記事

Twitterタイムライン

スタッフブログ おおみや写真nikki(日記)

アコレおおみや配布場所MAP

アコレおおみや タウン誌 大宮 さいたま

 

スタッフ私的ブログ「アートと、着物と、さいたまと」namineco nami

return top
error: Content is protected !!