櫟野寺に伝わる平安彫刻の傑作が一堂に体感「平安の秘仏―滋賀・櫟野寺(らくやじ)の大観音とみほとけたち」東京国立博物館

2.十一面観音菩薩坐像1

 

重要文化財 「十一面観音菩薩坐像」 平安時代・10世紀 滋賀・櫟野寺蔵

1.十一面観音菩薩坐像1

重要文化財 「十一面観音菩薩坐像」 平安時代・10世紀 滋賀・櫟野寺蔵

5.地蔵菩薩坐像1

重要文化財 「地蔵菩薩坐像」 平安時代・文治3年(1187) 滋賀・櫟野寺蔵

6.観音菩薩立像1

重要文化財 「観音菩薩立像」 平安時代・10~11世紀 滋賀・櫟野寺蔵

 

 

 

櫟野寺に伝わる平安彫刻の傑作が一堂に体感

特別展「平安の秘仏ー滋賀・櫟野寺(らくやじ)の大観音とみほとけたち」

東京国立博物館 本館特別5室

 

 

滋賀県甲賀(こうか)市にある天台宗の古刹、櫟野寺(らくやじ)は、重要文化財に指定される平安時代の仏像が20体も伝わります。本尊は、重要文化財では日本最大の十一面観音菩薩坐像で、像高が3メートルもある圧巻の作品です。普段は重い扉に閉ざされる秘仏ですが今回はじめて寺外で公開されます。重厚感ある堂々とした姿と美しい顔立ちは、見る人に安らぎを与えることでしょう。その十一面観音とともに2メートルを超える薬師如来坐像が並ぶ様子は壮観です。他にも、11体の観音や、どこか親しみのある毘沙門天立像、貴重な地蔵菩薩坐像なども出品され、櫟野寺に伝わる平安彫刻の傑作が一堂に体感できるまたとない展覧会です。

 

 

2016年9月13日(火)~12月11日(日)

休館日:月曜日

※ただし9月19日(月・祝)、10月10日(月・祝)は開館、9月20日(火)、10月11日(火)は休館

観覧料:1, 000円

お問合せ:03-5777-8600(ハローダイヤル)

http://hibutsu2016.com/

 

 

※掲載画像の無断転載・複製を一切禁じます。

 

AcoreおおみやWEBサイトをお読みの方

5組10名様にチケットをプレゼントします!

 

住所、氏名、年齢、電話番号、Acoreへの感想を明記の上、
件名「平安の秘仏 チケット希望」
acore01@gmail.com 宛にご応募ください。(応募締切2016年8月31日必着)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リニューアルしました!今までの記事はこちらをご覧下さい ↓

Acoreおおみや WEBサイト http://acore-omiya.net/

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去の記事

Twitterタイムライン

return top