台湾のソウルフード、屋台料理を旅行気分で味わって 台湾茶房 e-one

 

人気の魯肉飯。台湾麺線とともにハーフサイズ(350円)もある

 

台湾茶房 e-one

台湾のソウルフード、屋台料理を旅行気分で味わって

 

「中華料理と混同している人が多いので、ぜひ本物の台湾料理を楽しんで」とオーナーシェフの中平恭博さん。氷川参道沿いにある人気の台湾屋台料理が本格的に味わえるお店だ。台湾の国民食とも言われる魯肉飯(ルーローハン・600円)は、豚バラと玉ねぎを特製タレで煮込んだ丼飯。店では玉ねぎの水分だけで作る自慢の逸品で、台湾麺線(タイワンメンセン・600円)と共に二大人気のメニュー。日替わりメニューでは、水曜日の薬膳カレー(サラダ・スープ付き850円)が大人気。他にも裏ランチメニューがあるので、ブログで日替わり黒板メニューを要チェック!

 

☎ 048-871-8161

●さいたま市大宮区東町1-121-2 M&Caps 1F

●11:00~14:30 18:00~22:00

●土・日・月曜 休み

http://ameblo.jp/taiwansabou/

 

img_20161006_2318081

img_20160904_1936111

スタッフのみなさん

関連記事

Twitterタイムライン

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
return top
error: Content is protected !!