黄金製品やミイラ、土器などの、貴重な資料約200点で紹介「古代アンデス文明展」国立科学博物館

【4右】《男児のミイラとその副葬品)》1
《男児のミイラとその副葬品》
チリバヤ文化 ペルー文化省・ミイラ研究所・チリバヤ博物館所蔵 撮影 義井豊

【2】《土製のリャマ像》1

《土製のリャマ像》
ワリ文化 ペルー文化省・国立考古学人類学歴史学博物館所蔵 撮影 義井豊

【8】《つづれ織のチュニック》1

《つづれ織のチュニック》 
ワリ文化 ペルー文化省・国立考古学人類学歴史学博物館所蔵 撮影 義井豊

【4左】《少女のミイラ》

《少女のミイラ》
チリバヤ文化 ペルー文化省・ミイラ研究所・チリバヤ博物館所蔵 撮影 義井豊

 

 

黄金製品やミイラ、土器などの、貴重な資料約200点で紹介

古代アンデス文明展

国立科学博物館

2017年10月21日(土)~2018年2月18日(日)

 

南米大陸の太平洋岸に展開した、あまりに巨大で複雑な文明の全体像を、私たちはまだほとんど知りません。先史時代から16世紀にスペイン人がインカ帝国を滅ぼすまでの約15000年間、ナスカ、モチェ、ティワナクなど多種多様な文化が盛衰を繰り返しました。

これらの文化の魅力と個性を紹介してきたのが、1994年に国立科学博物館で開催した「黄金の都シカン発掘展」にはじまり、5回の展覧会を開催、400万人以上を動員した「TBSアンデス・プロジェクト」です。今回の「古代アンデス文明展」では、いくつもの文化が連なり、影響を与え合う中で育まれた神々の神話や儀礼、神殿やピラミッドをつくり上げる優れた技術や生活様式などを、約200点の黄金製品やミイラ、土器などの、貴重な資料よって明らかにします。

 

【9】《金の胸飾り》

《金の胸飾り》
シカン文化 ペルー文化省・国立ブリューニング考古学博物館所蔵 撮影 義井豊

 

開館時間:9:00~17:00

(金曜日、土曜日、11/1、11/2は20:00まで)

※入館は各閉館時刻の30分前まで

休館日:毎週月曜日、12/28~1/1、1/9 ※1/8(月)、2/12(月)は開館

観覧料:一般・1,600円

問い合わせ:03-5777-8600(ハローダイヤル)

http://andes2017-2019.main.jp/andes_web/

 

AcoreおおみやWEBサイトをお読みの方

5組10名様にチケットをプレゼント!

 

住所、氏名、年齢、電話番号、アコレおおみやWEBサイトへの感想を明記の上、

件名「アンデス文明チケット希望」acore01@gmail.com 宛にご応募ください。

(応募締切11月15日必着)

 

※掲載画像の無断転載・複製を一切禁じます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去の記事

Twitterタイムライン

return top