「コートールド美術館展 魅惑の印象派」東京都美術館

ピエール=オーギュスト・ルノワール《桟敷席》1874年

コートールド美術館 © Courtauld Gallery (The Samuel Courtauld Trust)

 

コートールド美術館展 魅惑の印象派 東京都美術館 アコレおおみや

クロード・モネ《アンティーブ》1888年 コートールド美術館 © Courtauld Gallery (The Samuel Courtauld Trust)

 

エドゥアール・マネ《フォリー=ベルジェールのバー》1882年
コートールド美術館 © Courtauld Gallery (The Samuel Courtauld Trust)

 

コートールド美術館展 魅惑の印象派

東京都美術館

2019年9月10日(火)~12月15日(日)

 

ロンドンにあるコートールド美術館は、イギリスが世界に誇る印象派・ポスト印象派の殿堂です。実業家サミュエル・コートールドが収集したコレクションを核に1932年に設立された同館は、美術史や保存修復において世界有数の研究機関であるコートールド美術研究所の展示施設です。

本展覧会では、画家の語った言葉や同時代の状況、科学調査により明らかになった制作の過程なども紹介し、作品を読み解いていきます。

第1回印象派展に出品されたルノワールの《桟敷席》や、マネの最晩年の傑作《フォリー=ベルジェールのバー》、タヒチ滞在期の謎めいたゴーガンの名画《ネヴァーモア》やモディリアーニの《裸婦》などをはじめ、イギリス随一のセザンヌ・コレクションから、油彩画10点、日本初公開となるセザンヌの手紙が出品されます。

選りすぐりの絵画・彫刻約60点との豊かな対話をお楽しみ下さい。

 

コートールド美術館展 魅惑の印象派 東京都美術館 アコレおおみや

エドガー・ドガ《舞台上の二人の踊り子》1874年 コートールド美術館 © Courtauld Gallery (The Samuel Courtauld Trust)

 

コートールド美術館展 魅惑の印象派 東京都美術館 アコレおおみや

ポール・ゴーガン《テ・レリオア》1897年 コートールド美術館 © Courtauld Gallery (The Samuel Courtauld Trust)

 

 

会期:2019年9月10日(火)~12月15日(日)

会場:東京都美術館 企画展示室

休室日:月曜日、9月17日(火)、9月24日(火)、10月15日(火)、11月5日(火)

※ただし、9月16日(月・祝)、9月23日(月・祝)、10月14日(月・祝)、11月4日(月・休)は開室

開室時間:9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)

夜間開室:金曜日、11月2日(土)は9:30~20:00(入室は閉室の30分前まで)

観覧料:一般1,600円 ほか

問い合わせ:TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)

展覧会公式サイト:https://courtauld.jp

9月18日(水)、10月16日(水)、11月20日(水)はシルバーデーにより

65歳以上の方は無料。そのため混雑が予想されます。

 

 

AcoreおおみやWEBサイトをお読みの方

先着5組10名様にチケットをプレゼント!

 

住所、氏名、年齢、電話番号、Acoreへの感想を明記の上、

件名「コートールド美術館展 チケット希望」

acore01@gmail.com宛にご応募ください。(応募締切9月21日)

 

※掲載画像の無断転載・複製を一切禁じます。

 

☆タウン誌『アコレおおみや』配布場所MAP☆

http://map.acore-omiya.com/

☆公式スタッフBlog『アコレおおみや写真nikki(日記)』

http://staff.acore-omiya.com/

☆スタッフ私的Blog『アートと、黒猫と、さいたまと』

https://www.namineko.com/

 

関連記事

Twitterタイムライン

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
return top
error: Content is protected !!