相続トラブルが増加中!遺言書の作成は弁護士に 埼玉中央法律事務所

 

 

埼玉中央法律事務所

相続トラブルが増加中!遺言書の作成は弁護士にご相談を

 

「最近、敷地や預貯金などの金融資産を多く残して亡くなる方が増えています。しかし、子どもたち、または兄弟間でどう財産分与するのか、なかなか理屈だけでは解決できません。遺言書には、不要な相続争いを防ぐ、相続手続きの円滑化というメリットがあります。遺言書作成のご依頼も多いですね」と代表弁護士の難波先生。

大宮駅から徒歩5分、旧中山道沿いの埼玉中央法律事務所は設立39年、13名の所属弁護士が個人から企業まで多様なトラブルに対処する。「私たちの願いはみなさんの身近な存在であること。こじれる前に気軽に相談してください」

 

048-645-2026

さいたま市大宮区宮町2-28

あじせんビル6階(受付4階)

9:00~18:00(予約制)

土・日曜・祝日

http://saitamachuuou.gr.jp/

 

代表弁護士の難波先生は大宮生まれの大宮育ち。親しみやすさがモットー

 

 

☆タウン誌『Acoreおおみや』配布場所MAPはこちら ↓

http://map.acore-omiya.com/

 

関連記事

Twitterタイムライン

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
return top