月の港へいざなわれて「ボルドー展 ―美と陶酔の都へ―」@国立西洋美術館

DSC_00051

 

太古の美の謎!「ローセルのヴィーナス」初来日

 

DSC_00091

DSC_00061

右 少女の墓碑

亡くなった少女のために父親が建てた墓碑で、彼女が生前可愛がっていた動物たちを連れています。少女が手にしている動物はねこちゃんでしょうか。キュートなお墓です☆(?)

 

2015年6月23日(火)~9月23日(水・祝)

国立西洋美術館

「ボルドー展 ―美と陶酔の都へ―」内覧会へ

 

古代ローマ以来の伝統を誇るワインの生産と海洋貿易がもたらした、独自の都市文化を育んできたフランス南西の港町ボルドー。ドラクロワやルドン、ゴヤをはじめ、町にゆかりのある200点以上の作品を紹介し、商業と海運の都市ならではのコスモポリタニズムを併せもつ市の魅力を浮彫りにします!

ガロンヌ河の流れに沿って三日月のかたちに発展したことから「月の港 ボルドー」とも呼ばれていました。ロマンチック☆世界遺産にも登録されています。ボルドーの街を旅する気分で、美術館を楽しんでみましょう。

 

 

DSC_00111

石鹸のようなかわいい模様の石!

DSC_00130

DSC_00201

ボルドーで作られたワインクーラー。おしゃれ☆

DSC_00171 DSC_0025

DSC_002311

火災をくぐりぬけたドラクロワの晩年の大作「ライオン狩り」です。チラシに使用されています。

DSC_0031 DSC_0021

DSC_0027 DSC_00221

DSC_0030

 

「美と陶酔の都」「世界一エレガントな街」― など旅行会社のコピーのようですが 笑 開催を記念して、国立西洋美術館前庭に「カフェ ボルドー」が期間限定オープン。ボルドー産の赤ワインやジェラード、コーヒーなどが楽しめます。他、この期間しか味わえない限定商品を企画中です!この展覧会でボルドーへ旅した気分を味わってみましょう☆

 

DSC_00031

 

ボルドー展 ―美と陶酔の都へ―
国立西洋美術館

2015年6月23日(火)~9月23日(水・祝)

休館日 月曜日(7月20日、8月10日、9月21日は開館)、7月21日

一般1,600円

問い合わせ 03-5777-8600(ハローダイヤル)

http://www.tbs.co.jp/bordeaux2015/tokyo/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リニューアルしました!こちらをご覧下さい ↓

Acoreおおみや WEBサイト http://acore-omiya.com/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitterタイムライン

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
return top